5月4日 金刀比羅参り1

4日、朝8時半過ぎにホテルをチェックアウトし、金毘羅様へ。 車はホテルの駐車場に置かせてもらいました。 始めの一歩。 ここからいよいよ長い石段、上り坂のはじまり。 100段目とか、階段数が表示されたりする。 参道のお店で杖のレンタルが置いてあり、1本150円か、100円だったかで借りられます。 杖借りようかと思いましたが、石段だと杖衝く振動も感じるので腕痛くなりそうと思い借りるのやめました 自力で頑張りました。 365段目 大門に到着 神馬 月琴号・げっきんごう(馬年齢18才) 馬名ルーチェ号(馬年齢14才) 2頭、ちょうど顔を見せてくれました。 坂戸社 旭社 628段 金刀比羅宮の参道石段628段に建つ旭社は総欅材、2層入母屋造銅瓦葺きで、1837(天保8)年に建てられた重要文化財。4月1日に例祭、毎月1日に月次祭が行なわれています。 賢木門 642段目に賢木門があります。賢木門は、唐破風と千鳥破風の棟が交錯する檜皮葺の屋根の門。長曽我部元親が寄進したもの。門の建築を急ぐあまり、一本の柱を逆さまにつけてしまい、「逆木門」と呼ばれるようになりましたが、明治12年(1879)の改築の際に「逆」の字を嫌い「賢木(さかき)門」と書くようになったとの事です。 いよいよ御本宮へ。 この長い石段が辛い・・・・ 御本宮 785段目 四方正面造り、無節の総ひの…

続きを読む

5月3日琴平へ。

善通寺からはこの日の宿泊地でもあり、金毘羅宮のおひざ元に。 ホテルには夕方6時頃に到着。 今回の宿泊では全部夕食は無し。朝食だけ付けたのですが、この琴平のホテルは朝食も無し。 それなのに、一番宿泊代が高かった! 荷物を置いてひと休みしてから、夕食と翌朝のご飯探しに出かけました。 金毘羅宮の参道はにぎわっていましたが、商店街はさびれていてうら寂しい。 もうお店は閉まっていましたが、こじゃれたお店もありました。 ここも閉まっていましたが、どんなカフェか気になりました。 商店街を抜けていくとスーパーがありました。 そこで飲み物やパンを買って帰ろうとすると、うどん屋さんがあり、行列。 夕飯はここで食べることにしました。 店先にツバメの巣 ヒナたちが親鳥の戻りを待っていました。 琴平に来たらあちこちでツバメが飛んでいるのをよく見ました。 並ぶこと約30分くらい。 ようやく席に着きました。食べログではカレーうどんが一番人気。 私たちも迷うことなくカレーうどんを。 カレーうどんというと普通はカレーをだし汁でのばしたおつゆにうどんが入っていますが、ここのカレーはまさにカレーライスのカレー。 ピリッと辛いスパイシーなカレーがうどんにかかっていました。 とってもおいしかったですよ。 帰り道、川沿いを歩くと提灯が。 3日は約22000歩。 松山城のアップダウンが効きました。

続きを読む

5月3日 松山城2

松山城の天守を降りてしばらく周りをぶらぶら。 本当に石垣の高さと美しさにびっくり。 そろそろ帰ろうと大手門のところまで降りていくと、二の丸史蹟庭園でイベントをやっているみたいなのでそこを見てから帰ることにしました。 しかし!それがとっても大変なこととなりました。 往きはロープーウエイで登ってきたことをすっかり忘れていました。 それだけ高いところにいるのだから、かなり下らなければ戻れないということに気が付かず・・・・ 結構悪路で、石段もあったりなかったり、山道を降りていくような場所でした。 それでも何とか二の丸史蹟庭園に到着しました。 槻門跡 二ノ丸史蹟庭園の入り口に鉢に入ったお花が並べられていました。 庭園でもお花を使ったイベントが。 色とりどりのアジサイが浮かべられていました。 こんなフォトスポットも。 柑橘系の木々が植えられていました。 ネーブル 二の丸史蹟庭園を出て三の丸の広場から再び松山城を見ました。 あんなにも高いところにお城があったのかと改めて実感しました。 路面電車をようやく見ることができてテンション上がりました。 愛媛県庁の駐車場にみきゃんタクシーが止まっていました。 松山市内もいろいろ観光スポットがありますが、ハードな日程になってしまったので、次へ行…

続きを読む

5月3日 松山城

3日もいいお天気で朝から青空。 松山城へ、Let'GO! ロープーウエイに乗って天守入り口に。 さすが、3日はGW後半戦のはじまり。 ロープーウエイに乗る人の行列ができていました。 ロープーウエイの隣にリフトもあり、どちらも同料金。リフトに乗る人の方が少ない。 松山城 松山市の中心部、勝山(標高132m)にそびえ立つ松山城は、賤ヶ岳(しずがたけ)の合戦で有名な七本槍の1人、加藤嘉明が築き始めたお城です。 門・櫓・塀を多数備え、狭間や石落とし、高石垣などを巧みに配し、攻守の機能に優れた連立式天守を構えた平山城と言われております。 松山城は、日本で12か所しか残っていない「現存12天守」のうちのひとつ、江戸時代以前に建造された天守を有する城郭の一つです。平成18年に「日本100名城」、平成19年には道後温泉とともに「美しい日本の歴史的風土100選」に選定されました。 また、日本で唯一現存している望楼型二重櫓である野原櫓や、「現存12天守」の城郭では松山城と彦根城しか存在が確認されていない、韓国の倭城の防備手法である「登り石垣」が二之丸から本丸にかけてあり、堀之内を含む城山公園全体が国の史跡で、「日本さくら名所100選(平成2年)」や「日本の歴史公園100選(平成18年)」の指定も受けています。 (以上 松山城HPより) 私たちもロープーウエイで。 ロープーウエイ・リフト降車場所から天守入り口まで徒歩約10分。けっこうかかります。…

続きを読む

しまなみ海道 大三島

生口島から大三島に渡るには多々羅大橋で渡ります。 大三島からは愛媛県に入ります。 生口島南ICから自動車道に乗るとすぐ瀬戸田PAに。 ここも遊歩道があり、一般道に出て橋の近くまで歩いて行けました。 多々羅大橋(橋長1480m) レモンの木がありました。 無人販売でレモンやミカンなどかんきつ類が1袋100円で売っていて、買いたいと思ったのですが、この時はカメラだけ持ってお財布持たずに出たので買えなくて残念でした。 どこを見ても素敵な風景。 大三島に到着。 大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)へ行きました。 日本建国の神と伝わる大山積大神(おおやまづみのおおかみ)を祀る神社で、この神を祀った全国1万以上の神社の総本社です。 古くから海と山の神、戦いの神として広く信仰を集め、源義経や頼朝をはじめとする歴史上の有名な武将たちが戦勝祈願として武具甲冑を奉納してきたそうです。 境内にある宝物館には、国宝・国の重要文化財の指定を受けた武具など、多くの名品が収蔵・展示されています。 5時閉門ですが、到着したのが4時半過ぎ。 無事間に合いました。 天然記念物 大楠 またこちらもすごい巨木。 広い境内を枝葉で覆い、涼やかな感じでした。 神門をくぐり拝殿へ。 神饌所 こちらの木も朽ちているところもありましたが、新緑の葉がたくさん。 木々の…

続きを読む