雨の鎌倉2

鶴岡八幡宮から次は建長寺に行ってみようということで歩きだしました。 最近は鎌倉駅から北鎌倉方面へ歩くことがなくて、距離感を間違えていました 結構遠くて、雨も降り続いていて、通りかかった県立近代美術館に入りました。 ここは開催中。 小金沢健人×佐野繁次郎 ドローイング/シネマ という展示が行われていました。 嬉しいことに展示物も1部を除いて撮影OKでした。 どれがどちらの人の作品かあまり説明がないのでちょい不明です http://www.moma.pref.kanagawa.jp/exhibition/2023-koganezawa-and-sano 県立美術館HPにこの企画展が紹介されていました。 詳しくはHPをご覧ください この後は結局小町通りに戻り、お茶して帰ろうということになりました。 お茶だけでは終わらず、抹茶ティラミスとコーヒーを注文 枡の中にティラミスが入っていました。 クリーミーなティラミスにたっぷり抹茶がかかっていました。 おしゃべりに花が咲き、ふと外を見ると大雨に変わっていました。 慌てて帰宅の途に。 本当に雨で残念な1日でしたが、普段なら行かない宝物殿や美術館に行けて良かったです。

続きを読む

雨の鎌倉

12日、この日の天気は一日雨。 それも夜は大荒れという天気予報でした。 それでも鎌倉へ。 一緒に行った友人はフルタイムで働いているので休みがなかなか取れないので、延期せずに。 行った時は小雨。 それでもまずはお昼ごはん。 鎌倉野菜のカレー屋さん チキンカレーに素揚げの鎌倉野菜が付いていました。セットで飲み物。 レモネードにしました。 野菜の中にこれだとちょっとわかりづらいですが、黄色の三日月形の野菜。 初めて見る野菜で、食べた食感は食べたことある・・・とと思ったのですがよくわからなくて。 友達とも何だろう??って言いながら食べましたが結局わからず。 お店の人に聞いてみました。 すると「黄カブ」という答えが返ってきました。店員さんも「わからないですよね~~」なんて。 カレーも辛さが選べましたが、普通の辛さで。 カレーに野菜を載せたり、付け合わせにしたりして食べておいしかったです。 お腹いっぱいになって外に出ると雨が結構な降りに。 今回雨予報だったので、どこへ行くという予定はなく、室内で過ごせそうなところへ行こうかと。 まずは鶴岡八幡宮横にある,鶴岡ミュージアムに行って見ると残念なことに休館! 雨の中傘を差して源平池前に咲いていた桜を撮影 宝物殿へ行きました。 こちらは開館中。 鎌倉時代の仏様の展示とお雛様が見られました。 お雛様も古い享保雛などたくさん展示されていました。 しかしこちらは撮影禁止でした。 …

続きを読む

横浜散歩

西洋館のクリスマスのあとは港の見える丘公園~山下公園~みなとみらいへとお散歩 港の見える丘公園から眺める景色、やっぱり好きだなぁ~~。 ベイブリッジが見えました。 遠くに働くキリンさんたち ガンダムも見えました。 山下公園へ降りていきました。 水仙の花も咲いていました。早いな~~ イチョウの黄葉からのマリンタワー 山下公園といえば氷川丸ですね。 バラもまだ咲いていました。 やっぱり海の見える風景はいいですね。 赤レンガ倉庫を横目にみなとみらいの方に歩きました。 無造作に見えますが素敵なガーデンでした。 最後はみなとみらいらしい風景で。 今年のブログは今日で終わりです。 1年間ありがとうございました。 国内旅行はもちろん、海外旅行にも出かけられるようになって本当にうれしかったです。 そしてお花や鳥、そして行ったことのない場所を皆様からいろいろ教えていただいて、充実した1年でした。 また来年もよろしくお願いします。 皆様もよいお年をお迎えくださいね。

続きを読む

横浜山手西洋館のクリスマス 横浜市イギリス館

横浜市イギリス館はやはり英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)のクリスマスになりますね。 心躍る季節・クリスマスが今年もやってきました。2階のダイニングではクリスマスパーティーが始まっています。さあ、皆様もご一緒に! 早速2階に上がりましょう ダイニングのクリスマスはビュッフェスタイル。各々好きなものをお皿に盛り付けて。 サンルームにはバーコーナー ベッドルームも素敵でした。 サンルームのクリスマスツリー 小物も素敵で撮る枚数が増えてしまいます。 横浜山手西洋館のクリスマスはこれで終わりです。

続きを読む

横浜山手西洋館のクリスマス 山手234番館~山手111番館

山手234番館のクリスマスはペルー共和国 ペルー国民にとって、クリスマスは最も重要で待ち望んでいる宗教的・文化的祝日です。 民族、文化に多様性のあるペルーは、各地域それぞれの民族の伝統や習慣を表すお祭り、伝統舞踊、芸術表現があります。 ペルー独特の生地や色合いがとても素敵でした。 かわいらしいお人形などたくさんあってペルーのクリスマスもいいなって思えました。 山手111番館 フランス共和国 街にはクリスマスツリーが飾られ、各地ではマルシェ・ド・ノエルと呼ばれるクリスマスマーケットが開かれます。クリスマス当日は家族で祝い、食卓にはクリスマスならではの料理が並びます。 フランスの伝統的なクリスマスケーキは「ブッシュドノエル」と呼ばれる薪や切り株の形をしたものです。 フランス・リヨンのクリスマスでした。 ペルーはかわいらしくて。フランス・リヨンはシックで大人っぽいクリスマスでした。

続きを読む

横浜山手西洋館のクリスマス ベーリックホール~エリスマン邸

ベーリックホールのクリスマスはオーストリア共和国 特色 オーストリアではサンタクロースではなく「幼いキリスト」とされるクリストキントが子供たちにプレゼントを運びます。聖ニコラウスやクランプスという鬼が登場したり、我々が知るクリスマスとは少し違います。 館内の照明が少し暗め、おまけにカメラの設定をアンダー気味にしていたままなのでかなり暗くなってしまいました。 ホールに飾ってあったクリスマスツリー 2階の子供部屋 夫人のお部屋のサンルームはフォトスポット エリスマン邸に移ります イタリア共和国 キリストの降誕を表すクリスマスはカトリックの総本山ヴァチカン市国を有するイタリアで最大の祝祭日。 キラキラと輝く光にあふれ賑わいます。そしてクリスマスの特別においしい食べ物や飲み物をまちわびる時期を楽しむのです。 エリスマン邸が一番混雑していてメインのダイニングテーブルの周りは絶えず人がいて、人のいない空間が撮れませんでした。 写っている女性はエリスマン邸の管理の方でいろいろ説明していました。 今日はクリスマスイブ。 素敵なクリスマスをお迎えください

続きを読む

横浜山手西洋館のクリスマス ブラフ18番館~外交官の家

18日に横浜山手西洋館のクリスマスを見に行ってきました。 やはりここのクリスマスを見なくては何となく物足らない。 たくさん写真を撮ってきましたが、1館づつ紹介していると年明けになりそうなので、ちょっと写真が多いですが駆け足でアップしますね。 写真の色合いちょっと暗めの設定になっていました。実は帰るまで気が付かずにそのまま撮っていたので暗い写真が多いです。 各国のクリスマスの特色の説明文はいただいてきたチラシから記載しています。 まずはブラフ18番館 スウェーデン王国のクリスマス 特色 12月はJul(ユール)と呼ばれるクリスマスの季節。マーケットで小さな感謝の贈り物を見つけたり、サフランやスパイスの伝統的なお菓子を焼き、食卓を彩るビュッフェスタイルのお料理「ユールボード」には豚肉やお粥などが並びます。キャンドルの灯りの中、大切な家族と翌年の豊穣と平和を祈り過ごします サンタさん、暖炉から帰ろうとしているのかな? 2階の廊下もツリーも素敵 ベッドルームもかわいいです お隣の外交官の家へ 外観も素敵です 外交官の家のクリスマスはベトナム社会主義共和国 特色 南北に長いベトナム。北部は肌寒さを感じても、南部は真夏のクリスマス。涼しくなる夜間、華やかに彩られたイルミネーションの街に繰り出し、家族やカップルで賑やかに過ごします。フランス統治時代の名残でヨーロッパ的な一面もあり、クリスマスノエル…

続きを読む

鎌倉散歩 報国寺&鶴岡八幡宮

今回はにぎわう場所にはほとんど寄らず。 でも鎌倉駅周辺でお昼ご飯を食べて、この後どうしようかなって。 長谷方面に行くか、竹林の報国寺に行こうか。紅葉はあきらめたので、長谷付近で海を眺めるのもいいかな・・・ と、考えましたが、やはり長谷方面は人が多いだろうな~~と。 結局、報国寺へ向かいました。 古くから境内の孟宗竹の林が有名で「竹庭の寺」と言われています。 ササリンドウやホトトギスが咲いていました。 桜も 竹庭に入りました。 竹林の間の小径に着物を着たご一行様が 大陸系の方々でした。 このあとは鎌倉まで戻り、最後に鶴岡八幡宮には行っておこうかなと、立ち寄り。 4時近くになって学生たちが集合時間に間に合わないと慌てて駆けだしていたりしていました。 源平池の周りの木々は色づき始めていました。 舞殿 本宮まで登ろうかと思いましたが、長い石段で一日ずっと歩きとおしたのでさすがに足が痛い。写真だけで登りませんでした。 この日約33000歩。 さすがに足が痛くなりました。 長い間鎌倉散歩にお付き合いいただきありがとうございました

続きを読む

鎌倉散歩 壽福寺

壽福寺は1200(正治2)年、源頼朝の妻・北条政子が頼朝の死後、頼朝の父である義朝の旧邸跡に明庵栄西を招いて創建した寺で13世紀後半になって禅宗の寺院となりました。 本尊は釈迦如来坐像。 その脇には大きな仁王の像があります。 ​​鎌倉五山の第三位。 三代将軍実朝もしばしば訪れ、最盛期には十数か所の塔頭を擁する大寺であったといいます。 山門から石畳の参道が中門まで続いており、現在は中門の手前まで拝観できます。 (以上 鎌倉市観光協会HPより) ここの石畳は雰囲気があってとても素敵。 思わずたくさん写真を撮ってしまいました。 中門から山門の方を向いて。 北条政子と源実朝の墓があると言われています。 北条政子の墓 源実朝の墓も写したのですが、暗すぎてボツになってしまいました。 以前訪れたときは大河ドラマの影響で訪れる人も多かったですが、今回はひっそり。

続きを読む

鎌倉散歩 英勝寺

次は英勝寺へ。 1636(寛永13)年、江戸幕府の初代将軍徳川家康の側室であったお勝の方(後の英勝院)を開山として 水戸徳川家が、祖先の太田道灌の屋敷跡と伝えられる場所に創建した、鎌倉唯一の尼寺です。 (以上 鎌倉市観光協会HPより) 山門 境内には竹林があります。 竹にツタが絡んでいました。 ススキもきれい 紅葉を探して鎌倉へやってきましたが、紅葉はまだだったので諦めて、自然やお寺の雰囲気を楽しみました。

続きを読む