京都旅行記 常照寺

12月2日。 京都旅行のはじまりです 地下鉄・バス1日券というカードを購入しました。 地下鉄では乗り降りするときに機械にカードを通す必要がありますが、バスは降りるときにカードを運転手さんに見せればいいだけなので便利です。 1日券をフルに使って観光です まずは地下鉄・バスを乗り継いで常照寺へ。 吉野太夫が寄進された山門 山門前に見事なモミジ 本堂でこのお寺ゆかりの吉野太夫の生涯などのビデオが流れていました。 吉野太夫は幼少のころに禿(かむろ、遊女の世話をする少女)として林家に抱えられ、禿名は林弥(りんや)といった。14歳で太夫になる。和歌、連歌、俳諧に優れていて、琴、琵琶、笙が巧みであり、さらに書道、茶道、香道、華道、貝覆い、囲碁、双六を極めたという。 また太夫18人の絢爛豪華な衣装を纏う集いの中、寝床から寝乱れ姿で出てきたにもかかわらず圧倒的な存在感を放ったといわれるほどの美貌を備えていた。 才色兼備を称えられ国内のみならず、遠くは明国にまで「東に林羅山、西の徳子よし野」と聞こえていると言わしめるほど名を知れ渡らせ、馴染み客には後陽成天皇の皇子で近衛信尹の養子である関白近衛信尋や、豪商で、当時の文化人の一人である灰屋紹益がいた。寛永8年(1631年)、退廓・紹益と結婚。時に26歳。 寛永20年8月25日(1643年10月7日)に死去、38歳であった。 彼女は日乾上人に帰依しており、鷹峯(京都市北区)にある常照寺に朱門を寄…

続きを読む

関西旅行記 京都 東寺のライトアップ

ホテルは京都駅からすぐ。 観光するフォットワークが駅に近いととても楽です。 チェックインして部屋でちょっと一休み。 そのあと、東寺までGO~~ 東寺のライトアップを見てきました。 中に入ると五重塔や池に映る紅葉にテンション上がりまくり ついつい写真の数が増えます。 大きな枝垂桜と五重塔 春には美しい桜が見られるのでしょうね。 いつか、桜の季節にも訪れてみたい、と姉と話していますが桜の季節はあっという間なので難しい。 まして、最近は3月下旬に咲いてしまうので、年度末で仕事がいちばん忙しい時期で休むのも大変なので春の京都はまだしばらくお預けのようです 不二桜 夜空に浮かび上がる五重塔がとても幻想的 右ちょい上の白い光はお月さまでした。🌙 金堂もライトアップ 金堂・講堂と2つの建物があり、そこには入れました。中の仏像は撮影禁止。 金堂は国宝。 薬師如来・日光菩薩・月光菩薩が祀られていました。 講堂は重文。 立体曼荼羅 大日如来を中心とした五智如来、五菩薩、五大明王、四天王、梵天、帝釈天の二十一体の仏像が安置されていました。 ほの暗い灯りの中で見る仏様は普段はあまり信心深くない私ですが思わず手を合わせてしまいました。 すばらしいものを見せていただき、1日目の観光がこうして終了しました。

続きを読む

京都旅行記 くろ谷金戒光明寺

京都旅行のさいごは 「黒谷さん」の名で親しまれているくろ谷金戒光明寺 ここは去年京都に来た際、バスターミナルで話をしたおじいさんが「くろ谷金戒光明寺」にはぜひ行ってみるといい、と言われていたので最後に行くことにしました。 ここに向かうバスが銀閣寺方面に向かうバスだったので、バスの中は観光客でいっぱい。 最終日に初めて混雑したバスに乗りました。 そのバスでもここに向かう人は少なくて。 金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)は、京都市左京区黒谷町にある浄土宗の大本山の寺院。山号は紫雲山。本尊は阿弥陀如来。通称をくろ谷さん(くろだにさん)と呼ぶ。知恩院とならぶ格式を誇る浄土宗の七大本山の一つであり、また京都四箇本山(他に知恩院、百万遍知恩寺、清浄華院)の一つである。初めは念仏道場として利用されていた。境内には皇族・公家の茶の湯に使われた黒谷明星水という名水がある (以上Wikipediaより) 大きな門をくぐりしばし歩くと石段の上に素晴らしい山門 御影堂 御影堂に入るには拝観料が必要です。 拝観しても良かったのですが、ちょっと慌ただしくなるのでこちらには入らず、周りだけ写真を撮って、京都駅に戻りました。 ここも花手水になっていました。 アヒルさんがここにもいましたが、京都のお寺になぜアヒルさん?とちょい疑問。 熊谷直実の鎧掛けの松 熊谷直実が鎧を掛けたと言われた松だそうで、現在は三代目だそうです。 …

続きを読む

京都旅行記 晴明神社

上賀茂神社からこんどは晴明神社へ。 陰陽師の安倍晴明由来の神社です。 晴明神社は、平安時代中期の天文学者である安倍晴明公をお祀する神社です。 創建は、寛弘4(1007)年。晴明公の偉業を讃えた一条天皇の命により、そのみたまを鎮めるために、晴明公の屋敷跡である現在の場所に社殿が設けられました。 古い資料によれば、創建当時の晴明神社は、東は堀川通、西は黒門通、北は元誓願寺通、南は中立売通という広大なものであったとされています。ところが、応仁の乱の後、豊臣秀吉による都の造営や度重なる戦火によって、その規模は縮小。古書、宝物なども散逸し、社殿も荒れたままの時代が続きました。 その後、式年祭の度に、氏子が中心となって整備・改修が行われ、昭和25(1950)年には、多年の宿望であった堀川通に面する境内地が拡張されるなど、晴明公の御神徳を仰ぎ尊ぶ崇敬者の真心によって復興が進められました。 近年は、文芸、漫画、映画などを通じて晴明公の存在は広く知られ、全国にその崇敬者を集めるようになりました。平成15(2003)年には、御鎮座壱千年祭が斎行されました。 (以上HPより) 旧一條戻橋 安倍晴明公とも縁深い一条戻橋は、平成7年に架け替えられ、現在も晴明神社から南へ100メートルのところにある堀川に架かっています。源頼光の四天王のひとり、渡辺綱が鬼女の腕を切り落とした場所としても有名です。また、現在でも「戻る」を嫌って嫁入りや葬式の列は、この橋を渡らないのが習わしです。先代の橋で使…

続きを読む

京都旅行記 上賀茂神社2

下鴨神社には何度か行ったことがありましたが、上賀茂神社は今回初めて。 上賀茂神社もとても清浄な空気と清らかな小川の流れに癒され、気持ちもゆったりとしてとてもリラックス。 「睦の木」 流れる小川と、モミジなどの木々。 どの風景もとてもきれいで同じような写真を何枚も・・・・ 後ろ髪を引かれる気分ですが、次の場所へ。 神社を出てすぐのバス停前にやきもち屋さん。 ちょっと甘いものを、ということでここで草餅の焼き立てを頂きました。 写真を撮り忘れましたが、薄い草餅の中につぶあん。 熱々で冷えた体に染みました~~。

続きを読む

京都旅行記 3日目上賀茂神社1

3日目の最終日。 この日も地下鉄・バス1日券を使って観光です。 まずは上賀茂神社へ。 1日券を観光案内所で購入し、その時にもらった路線図を見て、目的地に一番近そうなところまで地下鉄で行き、そのあとバスを使うようにしました。 地下鉄は東西線と烏丸線の2路線しかありませんが、バスでずっと目的地で行くよりも時間が短縮できるので、なるべく地下鉄を使いました。 上賀茂神社にもまず地下鉄。そのあと路線バスで。 上賀茂神社の大きな鳥居。 鳥居をくぐった向こう側に小さく男性が映っているのですが、その男性、同じバスに乗っていた人で、恰好が昔の書生さんの様ないでたちでした。 近くの大学に通っている人なのかと思っていたのですが、神社のほうにむかって行ったので、観光客?だったのかと。でもこういう場所ではそんな格好もよく似合います。 加茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)は通称「上賀茂神社」「上社(かみしゃ)」で親しまれています。 祭神は加茂別雷大神。 厄除け・電器産業などの守り神として知られています (ガイドブックより) とても広大な敷地に国宝2棟、重要文化財41棟とあり、すべてユネスコ世界文化遺産に登録されています。 大鳥居をくぐりしばらく行くと京都のお漬物、「すぐき」のお神輿やすぐきの漬けるものがありました。 細殿と立砂 立砂は本殿裏にある御神体の山の神山を模したもの。 上賀茂神社の手水には蜜柑がいっぱい。…

続きを読む

京都旅行記 瑠璃光院

瑠璃光院に到着したのは5時半過ぎでした。 あたりは真っ暗です。 予約時間を過ぎていましたが、参拝はできました。でも6時閉門ということであわただしい・・・ ここは床モミジならぬ、テーブルモミジ?で有名になったところです。 真っ黒の大きなテーブルに外のモミジの景色が映ってインスタ映えするというので若い人たちに人気のお寺です。 2階にあがって夜のモミジを楽しみました。 床モミジならぬ、テーブルモミジ。 慌ただしく何枚も撮りました。そしてここでは写経ができます。 本来なら心落ち着けて写経をするべきなのですが、閉門まであと〇分です。といわれながらの写経。 これではいけないな、と思いながらも写経し奉納してきました。 1階に降りてまた外の景色を最後に。 閉門ぎりぎりでした。 来年?はもう少し早い時間にしようねと姉と。(来年も来る気満々です) 八瀬の駅も風情があります。 電車は1両電車。 帰りは1日の予定を済ませたという気持ちでゆっくり電車に揺られました。

続きを読む

京都旅行記 清水寺

2日目の予定は山科の寺院巡りで夕方から鞍馬の瑠璃光院の予定でしたが、山科の予定が案外早く済んだのでお土産を買いたいということで清水方面に戻りました。 清水の三年坂付近にお気に入りのお土産用のお菓子のお店があってそこに行きたいがために駆け足で清水へ行ったのですが、 地下鉄で東山駅まで行き、バスに乗ってと考えました。 しかし方向音痴でバス乗り場がわからない! 目指したバス乗り場は何と逆方面に向かう乗り口・・・・たまたまバスを待っていた地元の人に正しいバス停を聞いてと。てんやわんやです・・・ 清水道に向かうバス停前の定食屋さんでお昼ご飯 普通の定食屋さんでしたが、地元で有名なのか、壁にたくさんの色紙が貼られていました。 チーズインハンバーグの定食 ハンバーグの中にたっぷりとろけるチーズ。付け合わせもたっぷりでボリューム満点でした。 お値段も定食なのに750円!コスパもばっちりでした。 ここでお昼を食べておいて良かったと後々実感。 清水寺付近は観光客だらけ。 三年坂は人・人・人で蜜が怖い~~ 右横、すごい人でしょう! どこかの修学旅行なのか、ちょっとわからないけど、石段に若い人たちがずらっと並んで記念写真を撮っていました。みんなマスクをかけていてずらっと並んでいたのですが、その光景は不気味・・・っと思えました。 そんな人たちを避けて三重塔の写真を写してさっと退散。 ここでもひっそり桜が咲いていました。 桜の枝越しに 二年坂…

続きを読む

京都旅行記 勧修寺

山科から地下鉄に乗り移動し、勧修寺へ。 勧修寺(かじゅうじ)は、京都市山科区勧修寺にある真言宗山階派の大本山の寺院。山号は亀甲山。開基(創立者)は醍醐天皇、開山(初代住職)は承俊、本尊は千手観音である。寺紋(宗紋)は裏八重菊。皇室と藤原氏にゆかりの深い寺院である。門跡寺院であり、「山階門跡」とも称する。 (以上Wikipediaより) 寺院内部は非公開ですが、大きな庭園をゆっくり散策できました。 毘沙門天では観光客もそこそこいましたが、ここまでやって来る人は本当にわずかで、静かな庭園でしばしのんびり。 下の写真のちょっと見えるのが黄門様の寄進された灯篭です。 灯籠の周りに生えている緑の木は「ハイビャクシン」で樹齢は750年と言われています。 桜も咲いていました。 蓮池もあり、初夏にはスイレンが楽しめますね。 観音堂 ゆったりとした時間が流れていました。

続きを読む

京都旅行記 山科・毘沙門堂2

弁財天を出て、境内に戻りました。 花嫁さんと花婿さんの姿が見えます。 いいお天気で日柄もいいのか何組かのカップルの姿を見かけました。 大きな枝垂桜もあり、春にも美しいシーンが見られることでしょうね。 毘沙門堂を出て、坂を下りモミジを再び鑑賞です。 重なったモミジもかわいいです 最後にここのメイン。  勅使坂の敷モミジ 坂の上からまず1枚。 坂の下から見上げます。 真っ赤なモミジの葉っぱが坂の両側に敷き詰められているように見えます。 ここでお話を地元のおじいさんから聞くことができました。 その方は毎日写真を撮りに来ているそうで、1週間前は落ちモミジも枝に付いているモミジも真っ赤でもっときれいだったそうです。 残念!真っ赤な敷モミジ、見たかったなぁ~~。 それでもしっかり楽しみました。

続きを読む