横浜山手西洋館のハロウィン ブラフ18番館

魔女に魔法をかけられないうちに脱出して、ブラフ18番館へ。 お庭には西洋館がずらっと並んでいました。 中に入るとフォトスポットがお出迎え ダイニングルームから果物の甘い香りが漂ってきました。 本物の果物やスィーツが飾られていました。 甘い香りにうっとり。 ハロウィンの魔女のいたずらかしら。 ブラフ18番館はハロウィンというよりも秋の収穫を祝うような飾りでした。 サロンではティーパーティ ボランティアでピアノを弾いている人がいてサロンの雰囲気が優雅で素敵でした。 サロンでも甘い香りが。 私たちもお茶で一休みしたくなりました。 2階から庭を眺めると西洋館のミニチュアがいい感じです 何気ないお花がかわいいですね。 いろんなハロウィンを愉しめて素敵な時間を過ごせました。 このあと、もちろん私たちもコーヒータイム、チーズケーキもいただきました。

続きを読む

横浜山手西洋館のハロウィン 外交官の家

11月に入ってもまだハロウィンで引っ張っています 外交官の家 1階では魔女の夜会が行われていたようですが、2階に行くと時は過ぎ、主なき部屋に変わって行ってしまったのでしょうか・・・・ 応接間ではタロット占い・・・ サンルームもいつの間にか時間が過ぎ去ってしまったよう。 2階へ足を踏み込むと・・・・ ほら、ここに来てはダメだって言ったでしょ・・・・ 魔女の魔法にかからないうちに早くここを出なくては・・・・ そんな物語が生まれそうな飾りでした。

続きを読む

横浜山手西洋館のハロウィン ベーリック・ホール2

ベーリック・ホールは広くて2階に部屋が4部屋。 それぞれハロウィン飾りがされていましたが、夫人の部屋が一番でした。 その前に、階段の窓に魔女の姿・・・・ この魔女が時空空間を捻じ曲げたのかしら 夫人のベッドにねじれた空間が・・・ やはりここの夫人が魔女だったようですね。 サンルーム 主人の書斎 子供部屋はあまり飾られていませんでした。 ねじれた時空に私も入り込んでしまいそうでした。

続きを読む

横浜山手西洋館のハロウィン エリスマン邸&ベーリック・ホール

エリスマン邸の庭にウエルカムゲート 館内に入るとあれ?? ダイニングルームなど閉鎖されていました。 室内に安全性が確認できるまで閉鎖というような貼り紙があり、ダイニングの展示はありませんでした。 応接間のみ飾りがありました。 ソファーにクモの巣 灰皿もコウモリが飛んでいましたよ そしてお隣のベーリック・ホールへ。 ダイニングルームにねじれた時空空間が・・・ サンルームには魔女たちが。

続きを読む

横浜山手西洋館のハロウィン 山手111番館

横浜市イギリス館の次はお隣の山手111番館に 入ってすぐ、華やかなハロウィン飾りが見られました。 イギリス館と比べると明るい雰囲気がいいですね。 ダイニングルーム オレンジのカボチャや赤いお花など、秋の色が素敵でした。

続きを読む

横浜山手西洋館のハロウィン 横浜市イギリス館

横浜市イギリス館のダイニングルームは魔女の宅急便のキキのような黒猫さんが迎えてくれました。 ベッドルームの暖炉も長い間使われていません。 あら?どこかでお見かけした方が・・・・ イギリス館は魔女の家のようですね。

続きを読む

横浜山手西洋館のハロウィン1

24日、横浜山手西洋館にハロウィンを見に行ってきました。 姉と一緒にお出かけしました。 いつもならブラフ18番館から周って、最後にイギリス館に向かい、港の見える丘公園を眺めますが今回は逆の順番で。 まずは元町でランチ ただいま肉ダイエット中という姉のリクエストでお肉が食べられるお店に。 牛肉150gの塊です 中がレアで筋が切りにくくてナイフでカットに苦戦しました。ウエルダンにしてもらえばよかったな^^ おなかいっぱいにしたことろで観光開始。 まずは港の見える丘公園へ。 この日は曇りがち。折り畳みを持ってきましたが、運よく傘を差さずに済みました。 花壇の花を愉しんだり。 ようやく横浜市イギリス館へ。 階段の踊り場の窓もハロウィン仕様。 逆光で暗くなっているのでちょっと不気味感出たかしらん しばし西洋館巡りにお付き合いくださいね

続きを読む

鎌倉散歩 長谷寺花探し

長谷寺で今咲いている花 ヒガンバナ シュウメイギク 酔芙蓉 コブクザクラと表示があったので、花探し シュウメイギクはあちこちで咲いていました。 これもそうかな? 葉っぱの感じがシュウメイギクかなと思いました。 酔芙蓉 コブクザクラは木が大きすぎて撮り切れない・・・・ 白い花がポチポチ咲いていますが、わかりますかねぇ~~。 これも芙蓉かしらん。ちょっとわかりません。 ヒガンバナは見当たらなくて・・・ 境内の上にあるアジサイロードのほうにあるのかなぁ? 結構石段を上るので辛いから今回はパスしました。 ほかにもタイワンホトトギスやミズヒキなど見られました。 ウメモドキ 長谷寺はお花も多くいつ行っても季節の花が楽しめていいですね。

続きを読む

鎌倉散歩 長谷寺 観音ミュージアム

鎌倉文学館の後、大仏様のところに行くか、長谷寺にするか、と考えて。 お花の見られる長谷寺へと向かいました。 長谷寺の境内はやはり観光客が多く、それも日本人より海外からのお客さんが多いような感じでした。 本堂横に観音ミュージアムという施設があり、拝観料とは別料金ですが入ってみました。 何度も長谷寺は訪れていますが、観音ミュージアムに入るのは初めてです 館内はフラッシュ禁止で撮影OKでした。 木造十一面観音菩薩像(前立観音) 当山本尊の前に祀られていた像で、江戸時代の造立とみなされますが、納入された銘札から室町期に建立された旧像の再興仏のようです。右手に錫杖を持つ姿は長谷寺特有の形式で、「長谷寺式十一面観音」と呼ばれます。 本尊の来歴を考える上でも重要な資料です。 (観音ミュージアムHPより) 照明を落とした部屋の中でガラスケースに入っているので、あまりきれいに撮れませんでした。 三十三応現身像(一部) 『観音経』に説かれる観音菩薩の功徳には、衆生に応じてふさわしい三十三の姿(「応現身」または「応化身」などと呼ばれます。)に変化し救済するとされ、その姿を彫刻した群像です。室町時代の造立で、33体が揃って伝来するのは、全国的にも大変貴重なものといえます。 (観音ミュージアムHPより) 鐘楼 2階に上がると特別展示で「長谷寺縁起絵巻」などの展示がありました。 古いもので1300年代や1500年代の絵巻が見られました。 こんなに古…

続きを読む