安世院の小さな花たち2&中山法華経寺参道

安世院のお花の続きです。 かわいい白い実 これは何の実でしょうね。 スノードロップ ビオラのおじさんも登場です。 前回安世院に出かけたとき花壇の真ん中が工事中とブログに書きました。 今回それが完成されていました。 たまたまそのあたりで作業されている方がいたのでお話を伺うと納骨堂ということでした。 その人のお話だと今はお墓を持たない人や、墓じまいをされる人がいてそういう人たちのためのものらしいです。 少しその方とお花の話などして安世院から中山法華経寺へ。 法華経寺の祖師堂は今大規模修繕で囲いで覆われています。 お参りの後、法華経寺の境内を少し歩いて水仙を見つけました。 法華経寺前の参道 モノクロにしてみました。 皆さんにご心配おかけしました。いろいろお気遣いありがとうございました。 足首も痛みが少しずつ取れてきました。 おかげさまで通勤はともかく、散歩はボチボチ再開していこうと思っています。

続きを読む

飛行機 アゲイン

お正月過ぎから左足首に異変。 歩くと痛みが出て、結構辛い。 連休もずっと家でおとなしくしていたため、写真を撮りに行けなくて。 ストックから。 大きく撮れていなかったのでアップしませんでしたが、引っ張り出して。 枝被りで分かりにくいのですが、成田空港へ向かう電車が下を走るので電車も撮れればと見られる場所でスタンバイしていました。でもそういうときにはなかなかやって来ない。 諦めて移動したら電車が! 慌てて撮ったら枝被りです。

続きを読む

ドライブ千葉 江川海岸

成田から木更津に向かったのですが、千葉県内でも結構時間がかかる。 一般道では何時間かかるかわからないので結局高速道路を使いました。 でも木更津方面はアクアラインに向かうので結局大渋滞 それでも夕暮れに何とか間に合った。 ここでもズームレンズを持ってくるのを忘れたことが悔やまれる・・・ 風がなかったので穏やかな海と遠くに見える工場地帯、そして海中の電信柱が不思議な風景。 厚い雲の下に沈んでいく夕日が辺りを赤く染めていました。 「日本にもあるウユニ塩湖」とか、スタジオジブリの長編アニメーション映画『千と千尋の神隠し』(2001年7月20日日本公開/監督:宮崎駿/第75回アカデミー賞長編アニメ映画賞)で海上を走る電車(湯婆婆の妹・銭婆の家へと向かう電車の車窓光景)にソックリということで、話題になっています。 「もともとは、沖合にあるアサリの密漁監視小屋に電気を送るための送電用の電柱です。この監視小屋は現在は使われていませんが、電柱だけはそのまま残されているのです」(木更津市観光振興課)とのこと。 (東京湾観光情報局HPより)

続きを読む

ドライブ千葉 成田

2日、どこへ行こうと?どこも大渋滞だろうなと思い、千葉県内なら少しはいいかなと思って県内ドライブ。 しかし!思うことは誰でも同じ。 千葉の高速道路もあちこち渋滞中。 それでもうまく渋滞を抜けて、成田空港近くの飛行機がよく見えるさくらの山へ。 成田市さくらの山は、成田空港の4,000メートル滑走路北側の小高い丘の上にある公園で、飛行機の離着陸を間近で体感することができます。 (成田市観光協会HPより) 桜の季節は飛行機と桜の花が一緒に見られる人気スポットだそうです。 成田空港がよく見えました。 着陸は遠くて見えにくかったですが、離陸は頭上を飛行機が飛んでいくのがよく見えてとても楽しい。 ちょっと残念だったのが、ズームレンズを持っていかなかったこと。 標準レンズではこれでいっぱいなのが悲しいところ・・・ 小さな飛行機はあっという間に飛び立っていきましたが、大きな飛行機は案外スローな感じで飛び立っていきます。 いいなぁ。 どこへ行くのかな~~。 今年こそは気兼ねせずに海外旅行に行きたいものだと思いながら飛行機を見送りました。

続きを読む

ご近所散歩 江戸川夕景

夕暮れになってきました。 金色に染まった空と川がきれいでした。 ちょこちょこ動き回るハクセキレイ? ようやく撮れました。 このあたりは川幅がとても広く、ボートの練習をしている学生の姿も時々見られます。 今回はズームレンズなのでスカイツリーも大きく見える 富士山のシルエットも見えました。 飛ぶ鳥たちもそろそろねぐらに向かうのかな。 アオサギさんはテトラポットの上で泳いでいる鴨さんたちを監視中。 あ、飛びました。 最後に富士山。 上の方は風で雪が舞っているようでした。 今年はこれでブログアップは終わりにさせていただきます。 ウエブリブログから引っ越しして約7か月。 1年間あっという間でした。 この1年もいろいろな出来事がありましたが、ブログを続けることができて良かったです。 それも皆様からたくさんのコメントや教えていただくことが多かったからです。 ありがとうございました。 今年、義父が他界しました。 そのため新年のご挨拶はご遠慮させていただきますが、この1年ありがとうございました。 天候不順で大変な思いをされている方も多いですが、お体に気をつけてよいお年をお迎えください。

続きを読む

ご近所散歩 江戸川沿い

江戸川沿いのお散歩 いつもは里見公園までの道のりですが、今回は江戸川沿いをもう少し川上へ向かって歩いて見ました。 海から約15.25キロ 川沿いの湿地帯にフジバカマの自生地もあり保護地帯でした。 フジバカマが咲くころに見に行きたいですね。 午後の日差しがまぶしすぎて、光のコントラストが強すぎでした。 ススキの群生

続きを読む

ご近所散歩 じゅん菜池緑地公園&江戸川夕景

京都で散々紅葉を見てきましたが、じゅん菜池緑地公園にも出かけて市内の紅葉を見てきました。 池に流れ込む小さな流れにも散紅葉 池にはたくさんの鴨さんがいました。 ぐるっと池の周りを1周回ります。 これは桜? まだきれいな紅葉がありました。 ヤツデの葉っぱの上に小さなモミジがかわいい 鴨さんも紅葉狩り? じゅん菜池緑地公園のモミジに間に合いました。 別の日。 江戸川の土手から。 ちょうど日の沈む時間でした。 標準レンズの撮影なのでとても景色が小さいですが、ご容赦を。 富士山も姿が見えました。 お!スカイツリーに梯子?? 土手の上を歩いて見た方向でこんなにも違っていました。 またスカイツリーにお日様刺さっていませんが、スカイツリーに梯子がかかりました。

続きを読む

煌Kirameki2022 葛飾八幡宮2

今年はライトアップも省エネのせいか、灯りが控え目な感じでした。 あしかがフラワーパークの撮影を反省してクロスフィルターもつけっぱなしにしないようにしました。 お神輿も展示 やはり光源が多いとキラキラしすぎますね。

続きを読む

煌Kirameki2022 葛飾八幡宮1

毎年葛飾八幡宮でもライトアップが行われています。 今年は11月26日・27日の2日間でした。 26日の土曜日に行ってきました。 参道に小さな行灯。 子供たちお手製の紙の行灯にコップに入ったろうそくが揺らめいていました。 随身門をくぐった後にも小さな灯りが続きます。 境内では雅楽の演奏が行われていたので、見に来ていた人がたくさんいました。 日の暮れた境内に響く雅楽の音がとても幽玄な雰囲気でした。

続きを読む

ご近所散歩 葛飾八幡宮

葛飾八幡宮にイチョウの黄葉を見に行ってきました。 ご由緒  葛飾八幡宮のご創建は平安朝の昔、寛平年間(西暦889年〜898年)で実に千百年以上も遡ります。宇多天皇の勅願により京都の石清水八幡宮より勧請し、下総の国総鎮守八幡宮としてご鎮座したのが始まりです。以来歴代朝廷の御崇敬篤く、代々の国司・郡司をはじめ、国民の信仰も深く、当宮は下総の国における葛飾文化、八幡信仰の中心となりました。なかでも平将門の奉幣、源頼朝の社殿改築、太田道灌の社壇修復、徳川家康の御朱印地社領52石の寄進等その尊信は篤いものでありました。  現在もご祭神のご功績から厄除開運・必勝(「勝つしか」の名からも)・安産・育児守護の氏神さまとして、地域の方々の崇敬を集めております。  毎年9月15日のご例祭日より20日まで、広大な境内で催される農具市(通称ぼろ市)の盛況さは、かつて関東三大農具市のひとつに数えられるほどでした。また、33年毎に斎行される大きな祭り、「三十三周年式年大祭」があります (以上葛飾八幡宮 公式HPより) 随身門の前のイチョウの木は落葉が始まっていました。 随身門をくぐって振り返ります。 参道でお仕事中? どこかの保育園のおもちゃでしょうか。忘れ物。 人が近づくと水が出ます。 境内に駒どめの石 こんなところに源頼朝来たのかな?と以前は半信半疑でしたが、大河ドラマで安房国に逃れたということを知って納得しました。 …

続きを読む