東京散歩 蔵前街角スナップ

蔵前の裏道散歩 以前テレビ番組で蔵前の街を特集していましたが、今カフェやレストラン、個性的なお店などオープンして若い人たちに注目されているとのこと。 確かに歩いてみると、こじゃれたお店があ!こんなところに!?って思うところにありました。 ホテルの壁面にロボットが 雨でなければもう少し街並みを楽しみたかったです。

続きを読む

ご近所散歩 たばこと塩の博物館3

最後はたばこの博物館 たばこの歴史やパイプ、パッケージ、そして明治から現代の日本のたばこの歴史など学べます。 江戸時代のたばこの懐中袋、キセルなど扱っているお店を再現 世界中のパイプや煙管なども展示されています。 明治時代のキセル こんな煙管を祖母がいつも使ってたばこを吸っていたなって思い出しました。 最後のブースは明治から現代のたばこの歴史やパッケージが展示されています。。 ポスターにもその時代の世相を反映していました。 30年代のタバコ屋さんも たばこは吸いませんが、こういうものを見ると本当に懐かしい。 こうして楽しく室内シリーズ第3弾は終わりになりました。

続きを読む

東京散歩 たばこと塩の博物館1

室内シリーズ第3弾?? (あれ?そんなシリーズあったっけ?なんて) 葛西臨海水族園・郵政博物館に続く室内撮影。 3回目なのでシリーズ化できるか?? 今回はたばこと塩の博物館です。 ここは名前の通り、塩とたばこに関するものが集まっています。 特別展示の「ヴィンテージライターの世界」を開催中。 9月10日から12月25日まで開催されています。 ライターの歴史や様々なライターの展示などがあり、見ていて楽しい。 ハンドメイドのオイルライター 第一次世界大戦時ヨーロッパで戦場の兵士たちは様々なものをオイルタンクに転用したハンドメイドのライターを携帯した。 セミオート式ポケットライター 1920年代アメリカ 初期の卓上タイプのオイルライター 1920年代アメリカ アクアリウムシリーズ ダンヒル 1940年代イギリス 展示品の中にはどうやって使うのだろうと思うようなものもありました。 また映像でライターの使用方法など見ることができました。 電話機造形ライター 白色はオルゴール付き 赤色はラジオ付き 日本(プリンス) オート式ポケットライター またアメリカの雑誌広告もおしゃれです 今はたばこの弊害で広告自体海外では禁止されていたりしますが、こうやって見ていると時代を感じていいなと思いました。

続きを読む

東京散歩 「よう、怪!快?展」 2

一反木綿が上から。 (これは使用済み切手ではありません) ここに住んでいる妖怪たちは怖いというよりユーモラスですね。 海外からもやって来ました。 海外の妖怪?たちは外国の使用済み切手が使われているそうですよ。 貧乏神 ろくろ首は大作でした。 これだけのものを作るのは大変だろうなと思いましたが見ていてとても楽しい妖怪集合でした。 この妖怪展は特別イベントで9月27日まで開催中です。

続きを読む

東京散歩 「よう、怪!快?展」 1

郵政博物館の夏休みイベントとして「よう、怪!快?展」 チラシに書いてある説明文 郵政博物館はこの夏、妖怪の棲み処になります。 使用済み切手の貼り絵アートの妖怪が大集合! 早速妖怪に会いに行きましょう。 風神 雷神 アマビエ 河童は立体的でした 平成河童 河童村 近くで見ると使用済み切手がたくさん。 面白いアートになっていました。

続きを読む

東京散歩 郵政博物館

スカイツリーの9階に郵政博物館があります。 ここは東京ソラマチの中にあるのですが、行き方がちょっとわかりにくい。 9階へ直行するエレベーターがないので8階まで行った後に8~10階専用エレベーターに乗り換えます。 スカイツリータウンも良く行きますが、郵政博物館はかなりご無沙汰。 ほんの数回しか来たことありませんでした。 ここは撮影OK、でもフラッシュ禁止。 そして、展示してある切手は撮影禁止でした。 中に入ると郵便の歴史がわかります。 郵便ポストも展示されていました。 館内に昔の制服や郵便物を入れて運んだカバンなども展示されていましたが、撮影するには明りが少なくて撮影に厳しい。 ちょっと諦めました。 昔のポスターなども貼られていました。 今風に言うとエモい、という感じでした。 モナリザさん 近づいてよく見ると使用済み切手で作られていました。

続きを読む

葛西臨海水族園2

マグロの泳ぐ大水槽、前回行った時は黄色い養生テープが貼られていましたが、今回はそれが無くなってすっきりしていました。 でも暗い中猛スピードで泳ぐマグロを撮るのはきびしい~~! クラゲの小さな水槽がいくつかありました。 ゆらゆら漂うクラゲを見ていると癒されますね。触りたくはないけれど・・・・ 水族園を出て少し公園内を歩こうかなと思いましたが、外に出たとたん日差しと暑さに負けて退散。 クリスタルビューまで行く道の両側に咲いたひまわりだけ写して帰りました。 ヒガンバナがもう咲いていました。

続きを読む

軽井沢へGO 2

別荘地の通りを散策は苔や小さなキノコなど見つけられて楽しい。 マクロレンズではないのでしっかりピントを合わせるのは厳しいのでご容赦を。 コケの中に小さな木が。 成長すると大きな木になるのかな? 旧軽銀座のメイン通りも行きましたが、特に買い物も無し、人も多くてまた脇道へ。 お花も見られました。 林の中にのんびりくつろげそうなカフェなども。 かわいい看板がありました。 軽井沢もお天気はぱっとせず曇りでしたが夕方になると雨が降り始めました。 気温はさすが涼しい! 25度に届かなくて肌寒いくらいでした。 日帰りでしたが、帰りの関越は拍子抜けするほどガラガラでした。

続きを読む

軽井沢へGO!

3連休初日、お墓参りを兼ねて軽井沢へ。 関越道は渋滞。 でも止まったまま、というわけではなかったので時間はかかりましたが無事到着。 お墓参りを済ませ、一路軽井沢へ。 車を置いて旧軽銀座方面へ。 矢ケ崎公園の緑がきれい。 矢ケ崎公園から裏道を通って旧軽銀座方面へ。 別荘地帯なので観光客はほとんど通らず、のんびり散策。 素敵な別荘を見ながら歩けて楽しいです。 アナベルやアジサイが頑張っています。 きれいなモミジ 面白い建物があると思ったのは、ホテルのチャペルと式場かな。 白樺が素敵。 灯るあかりがまたいいですね。

続きを読む

東京散歩 葛西臨海水族園3

ペンギンプールに行くとちょうどペンギンさんたちのもぐもぐタイム~~~ まず係の人がペンギンのことなど説明してくれそのあと担当の人がペンギンにエサをあげました。 フンボルトペンギンが150頭ほどいるということですが、腕の所にカラーリングがはめてあり、その色で個体識別をしているということでした。 またエサはアジ、イワシ、キビナゴなどのエサをバケツでプールに落とすようにあげていました。 すごい勢いでペンギンたちが魚を食べています。 また陸に数頭いますが、今ちょうど子育て中で、ペアで交代にエサを食べ、巣に戻ったりしているペンギンたちもいるということです。 フンボルトペンギンのもぐもぐタイムのあとはフェアリーペンギンに。 世界一小さなペンギンたち。 フンボルトペンギンたちとプールが分かれています。 フェアリーペンギンには陸でエサになるキビナゴなどをあげています。 なぜ陸でというと、キビナゴの新鮮なものが手に入らず冷凍のものを使っているそうで、冷凍のものは必要な栄養が足らないのでサプリメントを混ぜて与えているということ、プールに流すとサプリの栄養が摂れなくなるので、バットに置いているというお話でした。 ご飯が済んでのんびりのペンギンさんたち。 ペンギンプールからまた室内に。 東京湾のゾーンではアナゴ?二ホンウナギ? 頭隠して尻隠さずです。 クラゲも小さな水槽に。 久しぶりの水族園…

続きを読む