伊豆へGO! みなみの桜と菜の花まつり2

菜の花を見た後、場所を移動し、桜のもとへ。 総合案内所になっている道の駅に車を置いて、川沿いを歩きました。 早速ピンクの桜に迎えられテンションアゲアゲ 自然にシャッターを押す回数が増えました。同じような写真ばかりですが、ご容赦を。 桜を見に来た人も結構いますが、何キロにもわたる遊歩道で密になることもなくお花見ができました。 時々菜の花が咲いている場所もあり、桜とのコラボも素敵でした。 川ではカワウや鴨さんたちが集まっていました。 久しぶりにガラス玉登場! 夫にガラス玉を持ってもらいましたが、いいお天気でお日様の光を集めすぎて夫の指がやけどしそうになりました。

続きを読む

伊豆へGO! みなみの桜と菜の花まつり1

龍宮窟の駐車場のおじさんに河津桜の話を聞くと、やはり今年は桜の開花が遅れていて2週間くらい遅いということでした。 南伊豆でも河津桜の桜まつりが行われていて、そちらはもう咲いているとのことで、河津には行かずに、南伊豆町へ向かいました。 みなみの桜と菜の花まつりが行われていました。 まずは菜の花畑へ。 この菜の花畑は広さ約3ha。 毎年10月上旬に町の観光関係者や学生たちや各ボランティアの人たち約200人以上で草刈り・種まきが行われいるそうです。 一面黄色の菜の花に一気にテンション上がりました。 菜の花畑をみたあと、桜祭り会場へ。 みなみの桜と菜の花まつり会場は南伊豆町・青野川沿いの両岸約4.2キロに早咲のみなみの桜(河津桜)800本の桜並木が続きます。 青野川下流の日野橋から湊大橋までがソメイヨシノ、前原橋上流から上賀茂付近には様々な桜が植えられており、通称「青野川1000本桜」と言われます (以上パンフレットより)

続きを読む

伊豆へGO! 2月16日 龍宮窟

伊豆下田の宿をチェックアウトして、朝一番に向かったのは龍宮窟 「龍宮窟」は、ジオサイトとして認定された直径約50メートル程の天窓が開く神秘的な洞窟です。道路沿いの入口から洞窟を通って天窓の下に立つことができ、上から光が差し込む様子は非常に幻想的。 洞窟は上からも覗き込むことができ、波の侵食によってハートの形に見えることが話題になっています。 (以上伊豆下田観光ガイドより) 駐車場に止めると、係のおじさんが、まず上に登ってハートの形を見てから龍宮窟に降りてみてくださいと、説明してくれたので上からのぞいてみました。 上る途中から見る海もとてもきれい。 前日とは打って変わってとてもいいお天気。 ただ風がとても強い一日でした。 龍宮窟の説明板 サンドスキー場もありますが、平日の朝にさすがに遊んでいる人はいないですね。 龍宮窟に降りました。 龍宮窟を出て近くの海岸を歩きました。 石の多い海岸でなかなか歩きにくい でも海の風景はいいですね。テンションが上がります。

続きを読む

伊豆へGO! 2月15日石廊崎オーシャンパーク

河津で桜見物をあきらめ下田方面に向かっていると雨がどんどん強くなってきました。 向かう途中に展望場所があって雨と風に負けずに海を眺めて。 車を走らせているとだんだん雨がやんできました。 目的地の石廊崎オーシャンパークへ 伊豆半島はユネスコ世界ジオパークに認定されています。 石廊崎オーシャンパークはジオパークビジターセンターを併設しています。 ビジターセンターを抜けて行くと、石室神社の鳥居がありました。 撮影スポットから石廊崎灯台がよく見えます。 リアス式海岸の岩に波がぶつかり波しぶきが上がります。 伊豆最南端の絶景が見られました。 高所恐怖症ではないので、崖下をのぞくと水が本当に青い! パワースポットの石室神社(いろうじんじゃ) 海の神様・縁結びの神様を祀られた神社がこの建物の中にありました。 そして先端に熊野神社 熊野神社のところをぐるっと周って帰ってきました。

続きを読む

伊豆へGO! 2月15日浄蓮の滝

15日から18日まで3泊4日で伊豆へ行ってきました。 夫が1週間休暇で、ドライブ旅行。 いろいろ紆余曲折がありました。 初めは沖縄に行きたいと思っていましたが蔓防で止めて、次の計画は広島からしまなみ海道を抜けて四国に。と考えてていたら広島・山口がコロナ感染者の増加でこちらの計画もダメ。 それから宮崎・鹿児島に行こうとパンフレット取り寄せていろいろ考えていましたが、あれよあれよとコロナ感染が大増加。 結局、車で行けるところにしようと伊豆に決定しました。 今度は天気予報で雪の予報が出ていて、行けるかどうか心配でしたが、雪はなかったので一安心。 (我が家の車は冬用のタイヤもチェーンもないので路面凍結が一番怖い) 1週間休暇あるなら海外にも行けるけれどこのご時世。残念です。 早く海外旅行にも行けるようになりたいですね。 それでは伊豆へ向けて出発~~。 東名高速から新東名で伊豆縦貫道へ。 一番初めに立ち寄ったのは浄蓮の滝 伊豆の踊子像が迎えてくれました。 展望台から見た後、滝へ降りていきました。 浄蓮の滝の地層説明の看板です。 浄蓮の滝を出て、河津方面に。 河津の町からちょっと離れた小高い場所に河津バガテル公園という場所がありました。 ここはフランス式庭園の有料施設ですが、そこには入らず、通り抜け。 河津桜が咲いていたので桜だけ写真に撮りました。 雨が降って雫も付いていましたよ …

続きを読む

キャベツ畑とコスモス畑。

帰路の途中、嬬恋といえば、キャベツでしょう~~。 とキャベツ畑を見ながらドライブ。 途中で車を止めてもらって、キャベツ畑を撮影。 目の前にタンポポ綿毛 この頃はキャベツ高くて。 道の駅で1個280円で売っていてさすがに高いなと思って、買うのをあきらめて。 ホテルへ向かう途中の地元スーパーで見たらなんと1個98円! 迷うことなく購入しました。 食卓で大活躍しています。 またしばらく車を走らせると一面ピンクのコスモス畑がありました。 キバナコスモスも頑張っています。 2日間いいお天気の行楽日和。 帰りは渋滞にはまってしまいました。

続きを読む

バラギ湖散策

ゴンドラで再び下に戻りバラギ湖へ。 バラギ湖周辺はキャンプ場になっていてテントがいっぱい!思わずびっくりするほどのテントでした。 バラギ湖は四阿山の麓、標高1400m周囲2キロの湖です。 フィッシングやカヌー、ボートなどのアクティビティが楽しめます。 湖周辺では山野草や湿原性植物が見られます。 湖の周りをちょっと散策。 足元に小さな花や小さな虫たち いい散歩ができました。 でもクマよけの電流が流れる柵があったりしてちょっとビビったりしました。

続きを読む

つまごいホテル翌日

朝早く、庭を散策。 いい眺めです。 チェックアウト後、ホテルの宿泊に付いていたゴンドラで空中散歩。 関東最長のゴンドラで四阿山へのトレッキング用のゴンドラとして運航しています。 ゴンドラ駅山頂に到着。 私たちは軽装で山頂駅付近をぶらぶら散策しましたが、トレッキングに向かう人たちはちゃんと装備をしていました。 とてもいい景色。 ここでも山野草が見られました。 空がとってもきれい。 再びゴンドラに乗り、下山。 次の場所に向かいました。 7日夜地震がありました。 何の前触れもなく急にぐらっと来て、そのあとスマホの緊急アラームが鳴りだしました。 しばらく揺れていましたが、だんだん収まってきました。 皆さんのところはいかがでしょうか? 本当にいつ災害がやって来るかわからないですね。 お互い気を付けて過ごしましょう。

続きを読む

つまごいホテル散策

宿泊したホテルはスキー場の中にあるので、夏場はシーズンオフみたいな感じ。 ゲレンデの斜面をいかしてバギーなど楽しめるようです。 まだ早かったので、周りを散策。 山野草?が見られました。名前はわかりません ゲレンデから下界に見える風景 バラギ湖がみえます。 ここに宿泊したのは夜、満天の星空が見られるかな~~と期待して。 昼間は抜けるような青空で、夜に期待が膨らみました・・・・・ でも、夜になると雲が出てきて、お月さまも雲に出たり入ったり・・・ 夕空。 そして夜になるとお月さまも今一つ… 夜、外に出て空を見ても星が出ていない・・・・

続きを読む

道の駅 あがつま峡&八ッ場ふるさと館

今回宿泊は嬬恋にあるホテルでした。 ホテルも感染対策ばっちりで実家や姉の家に泊まるよりも夫以外、接触者は避けられるので安心かと。 ホテルへ向かいながら道の駅に立ち寄り、昼食や群馬の農産物を購入しながら向かいます。 まずは「道の駅あがつま峡」 ここには日帰り入浴施設もありましたが、休館中。 広い広場やドッグランがあり家族連れでにぎわっていました。 道の駅の外にヒガンバナの群生発見 ここでお昼を頂きました。 そのあと、「八ッ場ふるさと館」へ。 駐車場に車を置いて国道を歩いて不動の滝を見に行きました。 八ッ場あがつま湖 いい眺めです。 不動尊 不動尊近くに不動の滝がありました。 こんな岩も見つけました。 岩から枯れて折れた木が。 どこからこの木は生えたのでしょう?不思議です。 そしてこの形がサイの横顔みたいって思いました。 どこを見てもいい景色です。 丸岩という奇岩もありました。 ホテルに3時ころに到着。

続きを読む