しまなみ海道 生口島 耕三寺

朝方、千葉県沖で地震がありました。 まだ夢の中でしたが、地震が起きる前にスマホがキュインキュイン鳴って、「地震です、地震です」と。 その数秒後、ドーンという感じで揺れましたが、一瞬だけですぐに揺れも止まりました。 そんな感じで、あまり怖さも感じなくてまた夢の中に。 ご心配をおかけしました。 次の島・生口島へ。 生口橋(橋長790m) 生口島に到着 耕三寺・未来心の丘へ行きました。 耕三寺 初代住職・耕三寺耕三が母親の菩提寺として、昭和11年より30年余りの歳月をかけて建立した浄土真宗本願寺派の寺院です。 山門に入るとたくさんの芍薬が咲いていました。 五重塔を見ながらまた石段を登って孝養門へ。 本堂 本堂脇に千仏洞へ。 千仏洞は洞窟の中にたくさんの仏様がありました。 ここも深くて洞窟の中を上がったり下りたり。でも中は涼しくて気持ちいい 手ブレていますが、こんな仏様がたくさん安置していました。 千仏洞から出るとまた大きな救世観音大音像が 規模の大きさにびっくりしました。

続きを読む

しまなみ海道 因島 因島水軍城

次は村上海賊の資料館、因島水軍城へ。 因島水軍城も小高い場所にあります。 今回の旅行はほぼ高い場所へ行っています。 足腰丈夫のうちじゃないとしんどいところばかりだな~~と思いました。 石段・坂道を上りようやく入り口に。 資料館の展示物 因島水軍城は因島村上氏が残した武具や遺品・古文書など歴史資料を展示しています。 村上海賊は室町時代から戦国時代にかけて、芸予諸島を中心に活動した海賊(水軍)です。 現在の尾道市の因島、今治市の能島、来島を本拠地とした三家に分かれ、時には結束し、時には互いに戦いながら、瀬戸内のほぼ全域の海を支配していました。 芸予諸島は、昔から多くの島々があり、その間には激しい潮流がながれていました。また、瀬戸内海の中央に位置し、大阪や九州へ向かうには必ず通行しなければならない場所です。こうした場所を支配することで、瀬戸内海全体の海上交通を支配できるわけです。 「海賊」という言葉は、現在では海上を航行する船や沿岸地域から強引に物資等を奪う人々を指します。因島村上氏が活躍していた頃は、海で活動し、通行料が払われなければ強奪することもありますが、普段は札浦(関所)で通行料を徴収し、水先案内人として、瀬戸内海の各地域との交渉もしていました。また、中国などの海外諸国とも交易をしたり、平時は漁業者として活動もしていました。まさに 「海とともに生きる人々」だったのです。ですから、現在の海賊という言葉と当時の海賊は意味…

続きを読む

5月2日 しまなみ海道 因島1

旅行期間中ずっといいお天気で観光日和でした。 2日はずっと行きたかったしまなみ海道へ。 しまなみ海道は尾道から向島~因島~生口島~大三島~伯方島~大島~愛媛県今治市へと渡る西瀬戸自動車道が走っています。 尾道から向島は有料道路を走らなくても国道317号線で尾道大橋を渡ると無料です。 向島は通過のみで向島ICから有料道路へ。 いよいよしまなみ海道を走ると思うとワクワクします。 因島大橋(全長1270m)を渡って因島へ。 因島に入るとすぐ大浜PAがあり、PAから橋を間近に見られる歩行者専用の通路があります。 もちろん歩きました。 サイクリングする人たちもたくさん。 自動車道路の下には二輪車用の道路があります。 ちょうど車と自転車が走りました。 この赤い橋は向島と小さな岩子島を結ぶ橋。 岩子島は周囲約8キロしかないそうです。 パーキングエリアだけでもたっぷり景色を楽しみましたが、次へ行かなくては。 因島では白滝山と五百羅漢、因島水軍城へ。 白滝山と五百羅漢へまずは行きました。 標高227mの白滝山は因島村上水軍6代当主村上新蔵人吉充が観音堂を建立し、柏原伝六とその弟子たちによって五百羅漢の石仏が造られました。 頂上には大小約700体の石仏が所狭しと並んでいます。山頂からは瀬戸内海の多島美が眼下に広がり、その眺めの素晴らしさに歌人・吉井勇は「白滝の山に登れば眼路広し、島あれば海、海あれば島」…

続きを読む

お蔵入り写真 奈良の鹿

12月1日から3日まで旅行した奈良・京都 ここでもたくさん写真を撮っていたのでお蔵入り写真がいっぱい。 奈良公園にいた鹿さんたちが登場です。 なんだかあっちが気になる・・・・ 鹿せんべいくれ!と見つめられちゃいました。 奈良公園の鹿さんたちはいろんな場所に出没。 特に東大寺の参道のお土産屋さんのところにたくさんいました。 人がたくさんいるところには、鹿せんべいをもらえる確率が高いときっと学習しているのでしょうね。

続きを読む

リベンジ、宮崎・鹿児島 30日

なぜリベンジかというと、2月に本当は行く予定で観光の場所や日程を考えていました。 でもその頃は、コロナ感染者が大増加で、マンボウが出てしまい飛行機での旅行に出かけるのが怖くて諦めました。 今回は宣言もマンボウも出ていなくて、今ならいけるかなと思い飛行機・ホテル・レンタカーを旅行会社に手配してもらい観光は2月に考えた場所と行った先で立ち寄りたいと思ったところを周りました。 1日目の30日は宮崎ブーゲンビリア空港から、日南海岸を見ながら宮崎県の最南端・都井岬へと向かいました。 日南海岸の海岸線はどこも映えスポット。 道の駅に立ち寄りながら写真を撮りました。 まずは道の駅「フェニックス」 展望デッキから見た海の風景。 石段の様な岩がずらっと並んでいるのが不思議。 山側ではパラグライダーが見られました。 向かう途中の車窓から線路が見えました。 電車が着たら最高でしたが、そううまくはいきませんね。 海岸線を走ったり、山道に入ったりしながら車を走らせて次の道の駅「なんごう」へ。 やはり景色がとっても素晴らしい。 遊覧船も出ていました。 島の案内板 この道の駅の上の方にジャカランダの森がありましたが、結構歩きそう。 都井岬はまだ先なので、ジャカランダの森はあきらめました。 都井岬にいよいよ到着。 まずは灯台へ。 長い階段を上り、灯台に入ります。 灯台の入り口の標識版 いい眺…

続きを読む

勇壮な小田原城

伊豆旅行の最後は小田原城へ。 熱海からの帰路は箱根を通るのは雪があるかもと思い、回避。 小田原へ抜ける道を選びました。 小田原に入ると小田原城の標識が。 そう言えば、私は小田原城にも行ったことがないなと思い、せっかくだからと小田原城に寄りました。 真っ白なお城が青い空にとても美しく見えました。 城内は企画展示や常設展示で撮影禁止でした。 5階の天守に展望デッキがあり小田原市内や海を見渡せました。 北条氏もここから城下を眺めたのだろうなって思うと感慨深いですね。 見える方面の札がかわいい 小田原駅も見えましたが、新幹線通るかなってしばらく見ていましたが、そう言うときには電車来ないですね~~ 外に出て再びお城を見上げました。 今回の伊豆旅行はこれで終わりです。 伊豆もいろいろな観光地があり、まだまだ行けなかった場所もたくさんあります。 またいつかその場所をめぐってみたいと思いました。 長い間伊豆旅行にお付き合いいただいてありがとうございました。

続きを読む

伊豆へGO! 起雲閣2

起雲閣はとても広くて見ごたえがありました。 麒麟の2階、大鳳の間へ。 二階座敷「大鳳」には、旅館当時「太宰 治」が宿泊したといわれております。 お座敷に雛人形が飾られていました。 最後に庭園へ。 日本庭園がとても見事でした。

続きを読む

伊豆へGO! 起雲閣1

宿をチェックアウトし、起雲閣へ。 まずは麒麟 室内は説明員の方もいらして、起雲閣の説明をしてくれました。 座敷は、床の間や付書院まわり、欄間など、豪華な装飾や際立った特徴のない簡素なつくりです。しかし、高くとられた天井や座敷の三方を取り囲む畳廊下、庭園の風景は、今では見ることの少なくなってきた贅沢な空間となっております。 畳廊下の窓ガラスは、当時の職人が一枚一枚流し込んで作った「大正ガラス」が残っており、その微妙なゆがみが美しささえ感じさせています。 玉姫・玉渓 「玉姫の間」に併設されたサンルームは、大きな窓とステンドグラスの天上、色鮮やかなタイルの床が特徴で、「アールデコ」のデザインを基調にしています。 サンルームの名のとおり、たくさんの日光を取り入れるために、天井とともに屋根もガラスで葺かれており、これらは鉄骨によって支えられています。 天井と高窓の間には、唐草模様が刻まれた石膏の装飾が施されています 天井やタイルの床、本当に素敵でした。 金剛 金剛では、暖炉上方のスペード、ハート、ダイヤ、クラブを象った模様をはじめ、草花の模様などが、洋館では大変珍しい螺鈿細工(らでんざいく)によって施されています。 ローマ風浴室 洋館「金剛」に併設されたローマ風浴室は、1989年の改築の際、多くの部分で現代の材料に改められてしまいましたが、ステンドグラスの窓やテラコッタ製の湯出口などは、…

続きを読む

伊豆へGO! 2月18日最終日

18日の朝、熱海の海辺を散策しました。 この日も快晴。 青い空と青い海がまぶしい~~ 海鳥さんたちもまったり 遊覧船乗り場ではこれからお客様を迎える準備が始まっていました。 熱海城も見えました。

続きを読む

熱海梅園は梅盛り

三嶋大社から最後の宿泊地、熱海へ。 熱海に到着したのは3時ちょい過ぎ。 宿に入るには早い時間だったので、熱海梅園に行きました。 さすが人気の場所だけあって、観光客がたくさんいました。 紅白の梅の花に癒されました。 水仙も色鮮やか 中山晋平記念館 室内に飾ってありました。 日本家屋は廊下とガラス戸がいいですね。 韓国庭園 駐車場の前にたくさんの熱海桜が咲いていました。 もう盛りが過ぎたようですが、たくさんの桜にメジロがいっぱ。。 でも動きが早くて撮れません 25日は普段の月でも忙しいのに、2月は25日の後すぐに月末。 本当に月末週は怒涛でした。 残業ありでヘロヘロです。。。 そんなことで皆さんのところに訪問してもコメントのお返事まで手が回りませんでした。

続きを読む