横浜山手西洋館のお蔵入り写真2

お蔵入り写真その2 エリスマン邸 山手234番館 横浜市イギリス館 横浜山手西洋館のクリスマス、たくさん写真を撮ってきて紹介しきれなかったので再びアップしてみました。

続きを読む

横浜西洋館のお蔵入り写真

横浜山手西洋館のクリスマスで撮影した写真のお蔵入り写真。 ちょっと品出し ブラフ18番館 ブラフ18番館の庭にあるミニチュアハウス 外交官の家 ベーリック・ホール

続きを読む

葛飾八幡宮の千本公孫樹

千本公孫樹  ご神木の国指定天然記念物「千本公孫樹」(せんぼんいちょう)は、推定樹齢1200年といわれる巨木で、その姿は『江戸名所図会』にも記録されています。多くの幹が寄り添って支え合う姿をしていることから、縁結びの御神徳があると伝えられています。また乳の出ない婦人が乳房の形をした公孫樹の瘤(こぶ)を削り、煎じて飲むと、乳の出が良くなるという言い伝えから、育児守護の信仰があります。千本公孫樹はまさにこの地に暮らす氏子の成長を見守り続けた木の長老、我が郷土の誇るべきご神木です。  また、古来千本公孫樹には白蛇が棲むといわれ、その姿を見たものは、幸福・財運を授かるとの言い伝えがあります。 (以上 葛飾八幡宮公式HPより) 「千本公孫樹」の名は、落雷によって地上6メートルのところで折れた太い幹を囲んで、多数の枝が根元から立ち上がっているためにつけられたものです。樹高23メートル、根回り10.2メートル、目通り幹囲10.8メートルで、根回りより目通り幹囲のほうが太くなっているのもこのイチョウの特徴です。枝は東側に12.3メートル、南側に12メートル張り出し、西側と北側は社殿に接するために伸びが抑えられています。 イチョウは雄株と雌株がありますが、この木は雄株のため果実はつけません。 樹齢1200年って信じられないほどの生命力です。 平安時代からこの地を見守ってくれている。まさにご神木ですね。 境内にはモミジもありますが、千本公孫樹には負け…

続きを読む

東京散歩 影向の松

この善養寺には影向の松と呼ばれる樹齢600年以上の松があります。 大正15年(1926)に東京都の天然記念物に指定されたクロマツで、樹齢600年以上といわれています。根元にある四角い石は「影向の石」といわれています。「影向」とは、神仏がこの世にあらわれた姿のことです。松の高さは約8メートルですが、その枝ぶりは広く、東西約31メートル、南北約28メートル、日本一の繁茂面積です。また「東の横綱」と言われています。 (以上 江戸川区HPより) たくさんの支柱に支えられ、境内に枝を張り巡らせています。 影向の石 上からも見下ろせるようになっています。 秋を感じる境内でした。 菊と松を楽しみました。

続きを読む

江戸川夕景

30日(日)江戸川沿いを散歩 晴れていましたが、お日様が雲に。 しばらく待ちました。 川面がオレンジ色に染まりました。 川に光の道ができました。 お日様とスカイツリーが重なるのはなかなか難しいですね。

続きを読む

京橋エドクラン スペースファンタジー

京橋エドクランの展示が10月23日より変わりました。 スペースファンタジーというとやっぱり一番はスターウォーズですね。 スターウォーズに関するものがたくさん展示されていました。 ダースベーダー スターウォーズの映画はほぼ全部見ましたが、内容を全部理解しているかというのはちょっと怪しい スターウォーズ以外の展示物も フライングサークル 1950年代 ハネムーンロケット 1950年代 フライングサークルとハネムーンロケットは毎時00分と30分に動きます。 ちょうど3時30分の時間に見ることができました。 70年近くも前に作られたものが今でも動くのは驚きでした。

続きを読む

ご近所散歩 江戸川夕景

大洲防災公園から江戸川もすぐ。 せっかくなので江戸川沿いへ出てみました。 時間は夕刻5時20分頃だったと思いますが、日が沈み始めていました。 江戸川の遊歩道の下から。 スカイツリーの横にお日様が沈んでいます。 ジェットスキーのボートが行きます。 日の入りの時間が早くなってきました。 本当に月日の流れの速さに驚きです。

続きを読む

東京散歩 たばこと塩の博物館2

特別展の隣は「塩」の展示です。 ここでは海外の岩塩が展示されていたり、日本の製塩の方法や塩の重要性など学べる展示になっていました。 イスラエル湖塩(死海) とても大きな塩柱 1mくらいあったでしょうか。 ポーランド岩塩 重さ約1.4トン 日本では岩塩は採れないそうで、塩の精製で作られるということでした。 特別展と塩の博物館は2階。 たばこの博物館は3階です。 3階に上がるとたばこギャラリーとたばこの博物館がありました。 ギャラリーには葉巻と美しい葉巻のパッケージが展示されていました。 ラ・コロナ 20世紀中頃 キューバ 1845年に製作が始まった銘柄 イギリス元首相ウィンストン・チャーチルが愛用していた葉巻として有名 ラ・プレフェレンシア 1930年キューバ なぜかこういう紙製品が好きなんですよね。 見ていてとても楽しかったです。

続きを読む

葛西臨海水族園1

残暑がぶり返したある日、外での撮影はやはり厳しいので、室内の快適なところに行きたいと思い、葛西臨海水族園へ出かけてきました。 夏休みも終わったのでそんなに混雑していないかなと思い出かけました。 学生の姿は見かけませんでしたが、小さな子供連れの家族やカップルの姿が。 それでもゆったりお魚たちを眺められました。 まず迎えてくれたのは珊瑚の海の魚たち。 この水槽は以前はイワシとサメが一緒に泳ぐ水槽でしたが、前回出かけたときは工事中。 珊瑚の海に生まれ変わっていました。 順番にいろいろな海の水槽があります。 でも魚の名前や水槽のテーマをしっかり見ていないので、ご容赦を。 小さなサンゴとどんぐり眼のお魚さん。 今回画像が結構ピンボケでカメラの小さなファインダー液晶画面ではピントが合っているように見えましたが、PCに取り込んでみたらボケボケの画像が多くてがっかりです。 近寄ってくれたお魚さん、ピントが合っていないのが悲しい^^; ニモさんもカメラ目線いただきました~~、と言い切れないのが悲しいところ。 ボケボケ写真ですがもう1回アップします。

続きを読む

東京散歩 東板橋公園2

公園にあった花壇ではヒマワリが咲いていました。 近づいてハートシベを探しました。 ありました~~~。 標準レンズだったのマクロほどではないけれどハートシベ見つかりました。 ランタナにちいさなシジミチョウ? セセリちゃんもいました。 サルスベリ

続きを読む