東京散歩 築地界隈

築地の場外を抜けて行くと鳥居が見えてきました。

築地波除神社です
IMG_0453.jpg


今から350年程前、この築地一帯は一面の海でした。江戸開府(1603)時の慶長江戸絵図には、今の日比谷のお堀の辺りまで汐入を描き、八重洲の海岸に船の役所が見えます。開府前より始まった江戸城西丸の増築に掘られた、お堀の揚げ土を以って日比谷入江から埋め始められた、江戸東南海面埋立は、その後全国の諸侯七十家に千石に一人の人夫を出させ、後にはその埋立の役員の名をとり、尾張町、加賀町等と名附けられました。
 そして70年の後、明暦の大火の後に4代将軍家綱公が手がけた最後の埋立の工事困難を極めたのが、この築地海面でした。堤防を築いても築いても激波にさらわれてしまうのです。

 或夜の事、海面を光りを放って漂うものがあり、人々は不思議に思って船を出してみると、それは立派な稲荷大神の御神体でした。皆は畏れて、早速現在の地に社殿を作りお祀りして、皆で盛大なお祭をしました。ところがそれからというものは、波風がピタリとおさまり、工事はやすやすと進み埋立も終了致しました。萬治2年(1659)の事です。

 人々は、その御神徳のあらたかさに驚き、稲荷大神に 『波除』 の尊称を奉り、又雲を従える<龍>、風を従える<虎>、一声で万物を威伏させる<獅子>の巨大な頭が数体奉納され、これを担いで回ったのが祭礼 『つきじ獅子祭』 の始まりです。

 それ以来今に至るまで、「災難を除き、波を乗り切る」 波除稲荷様として、災難除・厄除・商売繁盛・工事安全等の御神徳に崇敬が厚いのであります。その御神徳はその後も益々大きく、当時辺境の地であった築地も次第々々に開け、現在の如く繁華街となったのであります。

(以上波除神社HPより)

境内に入ると大きな獅子頭が左右に収められていました。

IMG_0458.jpg

鳥居を入って向かって右側に金色の獅子頭

左側にはお歯黒獅子頭
IMG_0457.jpg


御本社のすぐ横にかわいい七福神が祀られていました。
ガラスケースの中なので反射してうまく撮れない・・・
IMG_0459.jpg


IMG_0461.jpg

七福神様、海のものに由来していて見ていてクスッと笑えました。

写真には撮っていませんが、境内に活魚塚や鮟鱇塚、玉子塚など、築地らしい石塔がいくつもありました。

この記事へのコメント

  • デミ

    今晩わぁ~
    そんないわれが築地にはあったんでしゅねっ
    このあたりに、高波だなんて想像もつきません
    日比谷から海岸まで・・・
    今では相当な距離でしゅねっ
    ビックリでしゅ
    2020年09月24日 19:30
  • イッシー

    ここの獅子頭迫力ありますよね~!
    アワいい七福神にはほっこりしますね!
    また行きたくなっちゃいました。
    2020年09月24日 23:21
  • peko

    大きな獅子頭が凄いですね(^_-)-☆
    金色と赤いのとあるんですね!
    七福神もユニークで可愛いです^^
    素敵なお写真有難うございました。
    応援です☆彡
    2020年09月25日 00:52
  • 信徳

    立派な獅子頭と可愛い七福神。
    波除神社の由来も良く分かりました。
    東京の築地あたりは昔は海で隆起して
    出来た土地なんですね。(応援)
    2020年09月25日 06:14
  • ジュン

    金色と赤い大きな獅子頭が凄いです
    折角行ったのに足を延ばせば良かったです
    七福神様本当に拝見してると
    気持ちがほっこりして来ます
    2020年09月25日 06:37
  • ミズバショウ

    立派な獅子頭ですね。七福神の被り物と名前がマッチして思わず笑みがこぼれます。
    2020年09月25日 07:28
  • フラバーバ

    築地は昔は 海だったんですか。
    稲荷大神のお陰で 今の築地があるのですね。
    ぜひ 今の日本の状態も 治めて頂きたいものです。
    ユーモラスな 七福神様たちの 笑顔に癒されます。
    可愛いですね。
    2020年09月25日 09:47
  • るなまる

    市場場外に神社もありますか
    水の災難からお守りしてたのでしょうねえ
    大きな獅子頭は迫力ありますね
    七福神が可愛すぎでギャップ大きすぎ(笑)
    2020年09月25日 17:24
  • かるきち

    デミさん、こんばんわ。
    江戸時代の江戸と現代の東京では地形もずいぶん違っているかもしれないですね。日比谷も入り江だったなんて面白いですね。由縁を読むとなるほどと思います。
    2020年09月25日 23:57
  • かるきち

    イッシーさん、こんばんわ。
    大きな獅子頭に思わずびっくりしました。ユーモアたっぷりの七福神様に癒されますね。
    2020年09月26日 00:02
  • かるきち

    pekoさん、こんばんわ。
    大きな獅子頭、すごいですよね。見てびっくりしました。
    七福神様、かわいいですよね。楽しい姿に癒されますね。
    2020年09月26日 00:12
  • かるきち

    信徳さん、こんばんわ。
    神社の由縁、読むとなるほどという感じですね。大きな獅子頭、立派で見事でした。七福神様とのギャップにびっくりですね。
    2020年09月26日 00:16
  • yasuhiko

    築地と海のつながり、
    面白いものがありますね。
    築地本願寺もしばらく行ってないし、
    看板建築巡りをかねて、築地の
    街歩きをしたいなぁという気持ちが
    強くなりました、でも、コロナがもう少し
    収まってくれないと厳しいかな。
    2020年09月26日 12:51
  • ことぶき

    こんにちは
    私仕事の関係で築地界隈にはよく行っていたのですが コロナの影響で仕事が減って 築地界隈に出向くことが無くなり
    今回の築地場外の写真とか懐かしくて嬉しかったです
    この日は水曜日でことさら人出が無かったようですがコロナになってから通常営業時はどんな感じだろうと気になります
    シャッター気にしたことなかったなー
    オシャレだったんですね


    波除神社も見かけてはいましたが お参りしたことなかったことに気づきました
    こんなにかわいい七福神様がいたんですね
    次回行くことがあったら絶対お参りしてこようと思います!!!
    2020年09月26日 18:21
  • かるきち

    じゅんさん、こんばんわ。
    波除神社、いい神社ですね。大きな獅子頭さまにびっくり。
    七福神様はとってもかわいらしくて、楽しかったですよ。
    またコロナが明けたら築地にも足を延ばしてくださいね。
    2020年09月26日 21:19
  • かるきち

    ミズバショウさん、こんばんわ。
    立派な獅子頭が対で向き合っているようにありました。
    海のものをかぶった七福神様もユーモラスでとっても楽しかったです。
    2020年09月26日 21:21
  • かるきち

    フラバーバさん、こんばんわ。
    東京は昔から埋め立て事業が行われていたようですね。由縁を読んでなるほどって思いますね。コロナも治めて欲しいですね
    かわいい七福神様に癒されました。
    2020年09月26日 21:24
  • かるきち

    るなまるさん、こんばんわ。
    築地市場を見守っているように神社がありました。大きな獅子頭も見ようによってはユーモラスで、七福神様にはクスッと笑えました。
    2020年09月26日 21:26
  • かるきち

    yasuhikoさん、こんばんわ。
    築地も市場が移転してからちょっと寂しくなりました。
    今は海外からの観光客もいないのでますますさびれた感がありますが、人が少ない分見ることができたかなって思いました。早く前のような活気と安心が欲しいですね。
    2020年09月26日 21:31
  • かるきち

    ことぶきさん、こんばんわ。
    コメントありがとうございます。
    お仕事でよく築地に行かれていたのですね。市場移転、コロナ禍で築地場外もすっかり人出が少なくなってきたようですね。この日は水曜日なのでシャッターおろしているお店が多く、シャッターアートも楽しめました。波除神社もいいところです。またぜひ行ってみてくださいね。
    2020年09月26日 21:35

この記事へのトラックバック