横浜山手西洋館・ベーリック・ホールのクリスマス

ベーリック・ホールはオランダ王国のクリスマス。

ベーリック・ホールはイギリス人貿易商のB.R.ベリック氏の邸宅として昭和5年(1930)に建てられました。
スパニッシュスタイルを基調とし戦前の山手外国人住宅としては最大規模を誇る建築学的にも価値ある建物です。

画像


オランダ王国のクリスマスは、日本のお正月と同じように1年で一番大事なファミリーイベントです。25日は1stクリスマスデー、26日が2ndクリスマスデーで両日とも祝日です。

ダイニングルーム
画像


画像


ホールの飾り
画像


2階に上がりました。
2階は子供部屋・主人の書斎・奥様の寝室などあります

子供部屋
画像


書斎
画像


生花が飾られていました
画像


奥様の寝室とサンルーム
画像



画像


たくさんの生花があちこち飾られとても素敵でした。

画像


画像

この記事へのコメント

  • 信徳

    生け花が素敵ですね。
    これら外交官のクリスマスは夫々の国の人が飾られたのでしょうか?(ここではオランダ人)
    どこも素敵ですね。
    2017年12月13日 19:26
  • mori-sanpo

    建物の内側から見る各部屋の窓の配置と形が素晴らしいですね。
    家具や食卓など重厚感があり、生け花によるクリスマスの飾りつけも、住む人の人柄がしのばれます。
    2017年12月13日 22:15
  • eko

    こんばんは!
    オランダ王国のクリスマス、ダイニングが黒基調でシックですね。
    クリスマスカラーの生け花が綺麗ですね。
    2017年12月14日 00:37
  • るなまる

    昭和初期の建物なのに
    きれいに保存されててびっくりですね
    ご夫人の生け花のお部屋にナイスです
    2017年12月14日 04:48
  • ジュン

    ホールの飾りは
    家族を表しているそうです
    ダイニングテーブルは
    ブロンズ色で素敵に
    統一されていましたね
    2017年12月14日 13:21
  • かるきち

    信徳さん、こんばんわ。こういった、飾りつけやお花のアレンジメントなどそれぞれプロの方や専門の会社が装飾されたようです。
    2017年12月14日 19:24
  • かるきち

    mori-sanpoさん、こんばんわ。窓の形も変わっていて素敵ですね。おかれている家具などもこの屋敷にぴったりで素敵でした。
    2017年12月14日 19:27
  • かるきち

    ekoさん、こんばんわ。ダイニングはとても落ち着いた雰囲気でしたが、2階のそれぞれのお部屋のお花はとても華やかできれいでした。
    2017年12月14日 19:32
  • かるきち

    るなまるさん、こんばんわ。建物もとても美しくて、内部もとても素敵でした。お花はごめんなさい。夫人ではなく、プロの方でした。
    2017年12月14日 19:36
  • かるきち

    ジュンさん、こんばんわ。飾り、家族を表していたのですか。人の顔のように思えましたが、不思議でした。教えていただきありがとうございます。テーブルもシックで素敵でしたね。
    2017年12月14日 19:38

この記事へのトラックバック