大好き!映画 「オンリー・ラヴァーズ レフト・アライヴ」&「永遠の0」

画像


今年お初の映画。
友人がチケット当たったということで、見てきた映画

「オンリー・ラヴァーズ レフト・アライヴ」
 あらすじ
アンダーグランドミュージックシーンで活躍するアダムは今を生きる吸血鬼。
しかし、近年の自己破壊的な人間の行動に抑鬱を抱えていた。
恋人のイヴは彼が住むデトロイトを訪れる。
もちろん彼女も吸血鬼で2人は何世紀も愛し合い、生き続けてきた。
久々の再会もつかの間、イヴの破天荒な妹・エヴァが現れ、3人の運命はゆっくりと変わり始める。

今の吸血鬼は人間を襲わないで、お金を出して、輸血用の血液を買って飲むのね~。なんて映画を見て思いました。

まあリアルじゃないし、音楽もアンダーグランド的なもので、深く考えずに見ていました。
お金を出してみようとはちょっと思えない映画でした


もう1本は 「永遠の0」
画像


岡田准一 井上真央 三浦春馬 吹石一恵 ほか出演
以前読んだ「永遠の0」百田尚樹原作の小説が映画化。

佐伯健太郎(三浦春馬)は祖母の葬儀で祖父が血のつながりがなく、本当の祖父・宮部久蔵という人だったということに驚く。
そして、姉(吹石一恵)とともに、宮部久蔵のことを調べるために、戦友の元を訪ねまわる。
そこで聞いた宮部は臆病者とか、戦いもせず逃げ回っていた卑怯者という悪い評判ばかり。
また別の人の話では彼を尊敬し、孫である健太郎に会えてよかったという人もいて。
いろんな人に話を聞いていくうちに彼はなぜそこまでして生きようとしたのか、そしてなぜ死んだのか。
健太郎も彼のことを本当に知りたいと思うようになっていきました。

本では零戦乗りの辛さや苦しさなども書かれていましたが、映画ではそこまでは表現されていなかったけれど、
あらすじがかなり忠実に描かれていました。


見ていて本当に泣けました。
そして思ったのは、戦争で戦っているのは、生身の人間。
機械ではない、ということ。
宮部久蔵は戦争中のことではなく、戦後の日本を見据え、可能性のある者たちの命を失いたくないと思っていたのではと思えました。


岡田准一が演じる宮部久蔵。とても良かったです。

映画を見るなら、本もぜひ読んで欲しいと思いました。

また、故・夏八木勲さんが今の祖父を演じていました。
合掌。

この記事へのコメント

  • はるる

    いい映画をご覧になりましたね。
    チケットが当たったなんてラッキーです。
    「永遠の0」もとってもよさそうな前評判ですから。岡田准一は今うれている俳優さんですね。
    2014年01月13日 19:26
  • goki

    こんばんは
    血液を買って飲む吸血鬼ですか
    平和になったようですね。
    永遠の0、見に行かれた方が
    沢山居られ評判は素晴らしいですね
    戦争は全ての場所から無くすべき
    ですね。
    2014年01月13日 19:57
  • mori-sanpo

    数年前、観光で鹿児島に行った時に、知覧特攻平和会館で零戦のことを知り、その時に開聞岳のことも感慨深く見たことがありました。
     「永遠の0」、見てみたくなりました。
    2014年01月13日 22:47
  • デミ

    こんばんは。
    永遠の0・・・面白そうですね
    映画をほとんど見ないデミですが、ここであらすじ見ますと、気になってしまいますね
    夏八木さんも・・・過去の俳優さんになってしまったのですね
    まだ生きておられるような感じさえします
    2014年01月14日 00:02
  • 信徳

    これも試写会でしょうか?映画はもう一年も見ていません。映画館に足を運ぶのが面倒くさくて・・・言い訳でした。
    2014年01月14日 09:14
  • ちゃちゃ

    おお、ちゃちゃがとーっても久しぶりに先日見た映画が「永遠の0」でした。まだ原作読んでないんだけど、これは読まねば...と思わせる作品でしたねー。
    2014年01月14日 09:24
  • peko

    「永遠の0」主人が原作読んでいました。
    今の若者に見て頂きたいような映画かなって
    思いました。。
    本当に戦争は絶対にいけないです。
    安倍さんにも見て頂きたい。。
    応援です☆
    2014年01月14日 11:22
  • 毎日日曜人

    こんにちは。
    「永遠の0」見てみたくなる映画ですね、内容からして、奥が深そうな感じがします、まずは原作を読んでみたいですね。
    2014年01月14日 15:18
  • 黎明

    こんにちは。
    「永遠の0」読みました。
    私も戦争を知らない子供たちの世代ですが、これからもずっと反戦のメッセージは送り続けなければ、と思います。
    2014年01月14日 18:09
  • かるきち

    はるるさん、こんばんわ。今年も映画も観ていければいいなぁって思います。チケット当たったのはラッキーでした。岡田君も今年は大河にも出ているし、いい役者になりましたね。
    2014年01月14日 19:27
  • かるきち

    gokiさん、こんばんわ。吸血鬼も人を襲うよりおいしい血が飲めるようです^^永遠の0、戦争について本当に考えさせられるものでした。
    2014年01月14日 19:28
  • かるきち

    mori-sanpoさん、こんばんわ。知覧の特攻平和会館、行ったことはありませんが、テレビで見たことがあります。優秀な学生が戦争で散っていったことは本当に悲しいことですね。
    2014年01月14日 19:30
  • かるきち

    デミさん、こんばんわ。たまには真面目な映画もいいものですね。本当に考えさせられるものでした。当時の人たちが今の日本を見てどう考えるのだろう。そう思うと自分たちの生き方も考えなくては、と思いました。
    2014年01月14日 19:32
  • かるきち

    信徳さん、こんばんわ。この2本は上映中のものです。^^たまには映画館でじっくり見るのもいいですね。
    2014年01月14日 19:33
  • かるきち

    ちゃちゃさん、こんばんわ。お~、ちゃちゃさんも見ましたか!久しぶりに泣けました。本もとてもいいですよ。ぜひ読んでみてください。
    2014年01月14日 19:34
  • かるきち

    pekoさん、こんばんわ。ご主人は本を読まれましたか。感想を聞いてみたいですね。確かに若い人に特に見て欲しい映画ですね。安倍さんにも・・・
    2014年01月14日 19:35
  • かるきち

    毎日日曜人さん、こんばんわ。原作を読まなくても内容深い映画でした。でも本を読まれた方がより深く映画を理解できるのではないかなって思いました。
    2014年01月14日 19:37
  • かるきち

    黎明さん、こんばんわ。本を読まれましたか。ますます科学が発達し、戦争になったら被害は第二次世界大戦以上になってしまうでしょう。というかこれからは地球滅亡になってしまう規模の戦争になってしまうでしょうね。そうならないよう、反戦を叫ばなくてはいけないのは私たちの使命ですね。
    2014年01月14日 19:41

この記事へのトラックバック