一年前の8月 ポルトガルへPlayBack3

この日最後の観光 城壁に囲まれた小さな中世の村・オビドスへ オビドスの歴史は紀元前300年ごろケルト人による建設に始まる。 その後1288年、ディニス王とイザベル王妃が婚礼旅行でオビドスに滞在した際に、王が結婚祝いに街を王妃に贈り、その直轄地とした。以降1833年まで代々の王妃に受け継がれていき「王妃の街」として知られるようになった。 城壁の上にも上ることができましたが、手すりなどないので昇り降りが怖い! 城壁の中の街並みもまるで中世のまま。 映画のワンシーンの様でした。 1日たっぷり観光し、夜リスボンに到着。 翌日からはリスボン観光です。 ベレンの塔へ 16世紀テレージョ川を行きかう船を監視し、河口を見守る要塞として建てられた見張り塔。 発見のモニュメント 大航海時代に活躍した偉人たち33人のモニュメントです エンリケ航海王子や日本でもよく知られているヴァスコ・ダ・ガマやマゼラン、フランシスコ・ザビエルなどが モニュメントに。 次はジェロニモス修道院 この3か所は近いので歩いて移動です。 入場するのに30分近く並びました。 いったん修道院を出て中庭を見るための人の波がありましたが、私たちは事前予約済みなので、さほど待たずに入れました。 回廊も素晴らしくて、なるべく人が入らないように写しました。 リスボン市内に戻り、ケーブルカーに乗ったり、トラムに挑戦。 市…

続きを読む