千葉ドライブ 佐原 小江戸巡り1

香取神宮を出て佐原の古い街並みをめぐりました。 小野川沿いに古い街並みが広がっていますが、川沿いに行く前にも古い建物がいくつもありました。 小野川沿いの古い街並みにやって来ました。 中村屋商店千葉県有形文化財 安政2年(1855)建築 変形角地のため交差点側の隅柱を五角形にするなど工夫を凝らしています。 明治7年(1874)から荒物・雑貨・畳を。現在は和雑貨を商っています。 川では舟遊びもできます。 たくさん街並みを撮ってきたのでしばし、小江戸巡りにお付き合いくださいね。

続きを読む

千葉ドライブ 香取神宮2

お参りの後、要石・奥宮まで行ってみました。 要石へは民家の間の細い道を抜けて行きます。 お花を見みながら、カラスウリのレースのお花はもうしぼんでいました。 要石 地震を起こす大鯰を抑えるため地中深くまで差し込んでいるとされる霊石。 両宮にあり、わずかに露出している頭頂部は、香取では凸形石、鹿島では凹 形をしています。 (以上香取神宮HPより) 奥宮 奥宮までは訪れる人も少なくひっそりとしていました。 楼門より旧参道を西へ100m程に鎮座する社。経津主大神の荒魂を祀りま す。現在の社殿は昭和48年伊勢神宮御遷宮の折の古材によるものです。 (以上香取神宮HPより) 参道に戻るとお店も開いて参拝客を迎える準備も完了でした。 香取神宮は全国約400社の香取神社の総本社です。

続きを読む

千葉ドライブ 香取神宮1

県内観光ということで水郷の佐原・香取へドライブしてきました。 まずは香取神宮に。 朝10時前に香取神宮に到着。 まだ訪れる人もまばらで人混みを気にすることなくお参りすることができました。 赤い鳥居をくぐり、長い表参道を歩きました。 緑に覆われたくさん並んだ石灯篭。 そしてセミの合唱に迎えられました。 総門 楼門 手水舎ではひしゃくが新型コロナウイルス対策で撤去され、流れてくる水で手を清めてお参りしました。 拝殿・本殿をぐるっと回ってみました。 香取神社とは 千葉県北東部、利根川下流右岸の「亀甲山(かめがせやま)」と称される丘陵上に鎮座する。日本神話で大国主の国譲りの際に活躍する経津主神(フツヌシ)を祭神とすることで知られる、全国でも有数の古社である。 古くは朝廷から蝦夷に対する平定神として、また藤原氏から氏神の一社として崇敬された。その神威は中世から武家の世となって以後も続き、歴代の武家政権からは武神として崇敬された。現在も武道分野からの信仰が篤い神社である。 文化財としては、中国唐代の海獣葡萄鏡(かいじゅうぶどうきょう)が国宝に指定されている。建造物では江戸時代の本殿・楼門、美術工芸品では平安時代の鏡、中世の古瀬戸狛犬が国の重要文化財に指定されており、その他にも多くの文化財を現代に伝えている。 (以上Wikipediaより)

続きを読む

東京散歩 浜離宮

日差しもきつく、日陰を選んで歩きましたが、それでも暑い! お天気はうれしいですが、体調にも気を付けないといけないですね。 白い花がたくさん咲いているところがあり、吸い寄せられるように・・・・ 近い場所にこちらも咲いていました。 水辺はやはり涼しげですね。 花木園はムクゲとサルスベリ、オミナエシが見られました。

続きを読む

東京散歩 浜離宮のキバナコスモス2

キバナコスモスを見ているとトンボやハッチ君もいっぱいいました。 ハッチ君たちを撮ろうとすると結構忙しく動いて、汗だくになりしんどくなってしまいました オレンジ色のキバナコスモスの横に黄色いコスモス 黄色いコスモスの方が背が低い 今年もキバナコスモスの花畑を見られました。

続きを読む

東京散歩 浜離宮のキバナコスモス1

浜離宮のキバナコスモスが咲いているということで久しぶりに出かけてみました。 梅雨明けでいいお天気。 暑いです 梅雨明けはうれしいですが、日差しとマスクで体は結構辛い。 帰ってきた後、ちょっと熱中症のような感じになってしまいました。 今年はより一層熱中症対策をしないといけないですね。 キバナコスモスの向こうに広がる緑の木々。 こうしてみるとここが都心とは思えませんね でもバックに大きなビル群 こんな風景も浜離宮だからですね。 通路を挟んで緑の場所は普通のコスモスが植えてあります。 そっちはまだ先ですね。 浜離宮散歩にお付き合いくださいね。

続きを読む