ご近所散歩 里見公園1

里見公園にも河津桜が咲いているので、見てきました。 噴水とコラボです ちょうど見ごろを迎えていました。 いいお天気で桜が輝くように見えました。

続きを読む

東京散歩 旧中川の河津桜2

河津桜がとてもきれいですが、去年はここでメジロを見ることができましたが、今年はさすがにこれだけ人がいると来ませんね。 桜とメジロ、いつか出会いたいものです 青空の中で見る桜はとても素敵ですね。 旧中川に架かる橋の上から 隣接する公園で菜の花とヒヤシンス? 春の散歩は楽しいですね。

続きを読む

東京散歩 旧中川沿いの河津桜1

河津桜というと、ここも見ておきたい 旧中川沿いに河津桜があります。 出かけたのは3月2日(土) ちょうど1週間前なので、今はそろそろ終盤になっているかもしれませんが、出かけたときはピンクの桜がとても美しく咲いていました。 花見の人もたくさんいました。 ピンクの花が本当にかわいらしいですね。 ここは総武線とスカイツリーもよく見えて。 河津桜とコラボです。 電車が桜の枝に被ってしまいました。

続きを読む

らんらんランチとサムライマラソン

ちょっと変なタイトルですが 久しぶりに映画鑑賞 サムライマラソン 外国の脅威が迫る幕末の世。安中藩主・板倉勝明は藩士を鍛えるため、15里の山道を走る遠足を開催することに。しかし行き違いによって幕府への反逆とみなされてしまい、安中藩取り潰しを狙う刺客が藩士不在の城に送り込まれる。遠足参加中に藩の危機を知った安中藩士の唐沢甚内は、計画を阻止するべく走り出す。 (映画.comより) 安中藩主・板倉勝明に長谷川博己 唐沢甚内に佐藤健  安中藩主・娘 小松菜奈  ほかにも森山未來 染谷将太 竹内直人など 安政遠足 1855年(安政2年)、安中藩主板倉勝明が藩士の鍛錬のため、藩士96人に安中城門から碓氷峠の熊野権現神社まで走らせた徒歩競走。 この時の時間や着順は、1955年(昭和30年)に碓氷峠の茶屋で発見された『安中御城内御諸士御遠足着帳』に記されているものの、これは走者に意義を持たせることが目的で、順位やタイムは重要視されていなかった。ゴールした者には餅などがふるまわれたという。安政遠足は、日本におけるマラソンの発祥といわれ、安中城址には「安中藩安政遠足の碑」と「日本マラソン発祥の地」の石碑が建てられている。 (以上Wikipediaより) 安中出身の私としてはこの映画は見なくては・・・と思って観てみました。 話としては安中のことはほとんど出てきませんでしたが、地元のことが映画になるなんてちょっとうれしい この安政遠足は毎年5月の第二…

続きを読む

ご近所散歩 江戸川の河津桜2

今回はズームレンズを持ってきたので高いところも大きく写せました。 メジロの姿はありませんでしたが、ヒヨドリがやってきたのでしばしヒヨドリをモデルに撮影会 ちょっと嫌われ者のヒヨさんもこうやってみるとかわいいです。 体をぐっと伸ばして。 夕日がスカイツリーに しばらくするとスカイツリーにお日様が乗っかりました。 ガラス玉の中にも逆さスカイツリーと河津桜

続きを読む

ご近所散歩 江戸川の河津桜1

3月1日(金)そろそろ江戸川沿いの河津桜が咲いているかと思い出かけてみました。 夕方になってしまったので光が今一つ。 河津桜もまだツボミが多かったのですが、ピンク色に染まる並木がきれいでした。 久しぶりにガラス玉登場~~ 逆さ桜です 近くの大型マンションも逆さまになりました。

続きを読む

勝浦散歩

駐車場は海岸近く。 やはり海に立ち寄りたい 5時過ぎですっかり夕方になっていました。 ちょっと雲が多めですが、海面がオレンジ色に見えるところがありました。 この日は波も穏やか 足元には小さな貝殻が やはり海はいいですね

続きを読む

かつうらビッグひな祭り8

ホールに入るとびっくりの光景! ホールの客席にお雛様たちがお出まし! なんだかじっとお雛様に私たちが見られているような気分になります ホールを出ると日本最大級の享保雛が並んでいました。 横の階段を歩く人と大きさを比べてみても大きさがわかります。 内裏 高さ120cm 幅90cm 女雛     95cm    120cm 三人官女(立)100cm  65cm 三人官女(座)65cm   95cm 随身(左大臣)114cm 88cm 随身(右大臣)113cm 82cm 芸術文化交流センターから駐車場までの最終バスまでいました。 外に出ると河津桜がきれいに咲いていました。 やはり暖かいからか満開でした。 長い間かつうらビッグひな祭りにお付き合いいただきましてありがとうございました。 たくさんのお雛様を見ることができてうれしかったです。

続きを読む

かつうらビッグひな祭り7

ここにもとても歴史のあるお雛様が飾られていました。 江戸時代後期 江戸中期の今戸人形 江戸末期の五人囃子 榎本コレクションというコーナーがありました。 榎本コレクションは故榎本キク子様が大正4年~平成14年にかけて収集された山形県から鹿児島県の22県60数種類の郷土ひな人形をご寄贈していただいたものだそうです。 小さくてかわいらしいものが多かったです。

続きを読む

かつうらビッグひな祭り6

勝浦市芸術文化交流センターにはホールに約6000体のひな人形。日本最大級の享保雛や御殿雛など館内全体で約8000体のひな人形が飾られています。 こうなるともう、何とも言えない。 ここを見るだけでも疲れ果てそうな数でした。 駿河雛の横には木目込み人形が飾られていました。 御殿雛もたくさんありました。 ホールに行くまでにもたくさんのお雛様が飾られています。 この通路にも時代順にお雛様が飾られていました。 明治時代末期 大正時代後期 昭和初期 昭和中期 昭和にはこんなかわいい雛段飾りもありました。 いつの時代も女の子のために飾られたお人形があって、大事に受けつながれているんですね

続きを読む