鎌倉散歩 妙本寺

目的のお寺参りは達成しましたが、まだ時間があるので鎌倉駅からもあまり遠くない妙本寺へ向かいました。 妙本寺は 日朗(妙本寺の見解では日蓮聖人)を開山として1260年(文応1)に創建。もとは比企能員の屋敷で、比企一族が、北条氏を中心とする大軍に攻められ、滅ぼされた地でもある。その後、比企大学三郎能本が日蓮のためと比企一族の霊を弔うためお堂を建てたのが始まりといわれる。境内の祖師堂には日蓮の生前の姿をうつした三体の像の一つといわれる座像が安置されている。蛇苦止堂の蛇苦止明神は比企の乱で悲劇の入水をした若狭の局の霊が北条政村の娘にとりついて苦しめたのを慰めまつった。 (以上 かまくら観光HPより) 長い参道を歩き石段を上って山門に行くとまたウエディングフォトの撮影中のカップルがここには2組いました。 カップルを避けて、山門の写真を 中に入ると日蓮聖人の大きな像がありました。 本堂も中には入れませんが、回廊は歩くことができました。 回廊から境内を見ると山門のところにいたカップルとは違う人たちが撮影していました。 お二組ともおしあわせに! 石段降りて別のところに蛇苦止堂があります。 こちらには誰もいなくてとても静かでした。 この日は本当に良く歩いて石段や坂の上り下りもたくさんありました。 スマホの万歩計は23000歩でした~~~。 紅葉はまだまだでした。 また11月の終わりごろに…

続きを読む