鎌倉散歩 寿福寺

寿福寺は英勝寺と同じく行きたいと思ったお寺です。 英勝寺からすぐ近くのところにありました。 寿福寺は 鎌倉五山の第三位。 このあたりは源頼朝の父、義朝の屋敷があったところと言われています。 1200年(正治2年)に北条政子が頼朝の遺志を継いで明菴栄西を招いてここに寺を建て始めました。 三代将軍実朝もしばしば訪れ、やがて十数か所の塔頭がある大きな寺になりました。 境内は国史跡となっています。 実朝・政子の墓と伝える五輪塔のあるやぐら(山門の脇から通じる仏殿背後の墓地にある) (以上鎌倉市HPより) こちらは総門から仏殿までの300mほど続く参道の石畳がとても美しいということで有名です。 周りの木々が黄葉していたらもっと美しく見えると思いましたが、木漏れ日の中の参道もとても素敵でした。 仏殿は常時非公開ですが、正月などの特別拝観時のみ入ることができます。 ぐるっと回りやぐらのある墓地へ向かいました。 英勝寺も寿福寺も北鎌倉から鎌倉駅に向かうとき時々前を通ったお寺でしたが、今までこんなに素晴らしいお寺と知らずに通り過ぎていました。 まだまだ知らないお寺も多く鎌倉も奥が深い!と改めて実感しました。

続きを読む