ワンデードライブ 大谷資料館1

3連休初日、栃木まで日帰りドライブ さすがに高速道路は渋滞。 外環から東北道に。東北道も岩槻あたりまではトロトロ運転。 でも鹿沼まで約2時間で到着 そのあとは一般道で 大谷資料館へ。 階段の途中のちょっと広い踊り場から。 これは中に入り下から写した写真です。 中に入ると細長い階段を降りて進みます。 中は結構暗い。 写真を撮るのも案外大変です。 大谷石地下採掘場跡 約2万m2の広さ、深さは平均30m。最深の部分は地下60mにも及びます。 これは野球場1つがすっぽり入ってしまう大きさです。 壁面には手掘り時代のツルハシノの後が残り、ずっしりと年輪の重さを感じさせます。 巨大な地下神殿のような景観で、エジプトのピラミッドの内部やインディージョーンズの世界観のような幻想的な空間です。 第二次世界大戦中は地下倉庫や軍事工場として、戦後は政府米の貯蔵庫としてお米を預かっていました。 坑内の平均気温は8度前後で地下の大きな冷蔵庫という感じです。 (以上大谷資料館パンフレットより) パンフレットには8度前後とありましたが、実際入ってみると14度くらい。 でも湿度が80%くらいあったので、そんなに涼しくも感じない。 長袖1枚で大丈夫でした。 假屋崎省吾さんの巨大な生け花が飾ってありました。 確かに地下はとても広くところどころにこうしたオブジェが飾ってあったりととても幻想的な雰囲気でした。

続きを読む