エジプト旅行記 8月18日 モハメドアリモスク

この旅行もいよいよ最終日。 朝、ホテルをチェックアウトし、そのままバスで夜まで観光です。 車窓からナイル川の流れを。 遠くにビルも モハメドアリモスクが見えてきました。 ムハンマド・アリー・モスクは、シタデルの中で最も壮大な建物です。エジプト最後の王朝ムハンマド・アリー朝を興したムハンマド・アリーの命により1830年から27年の歳月をかけて建設されました。ムハンマド・アリーは、ナポレオンの侵略からエジプトを救い、エジプトの近代化に貢献した王として名高い人物です。 (世界遺産オンラインガイドより) 回廊もとても美しいです。 中庭 ここはイスラムの礼拝があるとき、中に入り切れない人はこの中庭でお祈りを捧げるそうです。 この時計台はフランスから贈られたものですが、今はもう動いていないそうです。 エジプトはそのお礼にルクソール神殿のオベリスクを贈っています。それはフランスのコンコルド広場にあります。 中に入りました。 大きなシャンデリアがとても美しい。 200年以上前から使われていたカーペット この形の1つ1つに人が座り礼拝するそうです 天井も美しいのですが、室内がちょっと暗くてうまく撮れない こちらの扉の奥にムハンマドアリの棺があるそうです。 外に出て街を眺めました。

続きを読む

エジプト旅行記 8月17日 屈折ピラミッド&赤のピラミッド

17日はピラミッド三昧 ダハシュールという村へバスで約40~50分 車窓から眺めているとナツメヤシの農園が広がっていました。 線路もありましたが電車はいつ来るのでしょうね 屈折ピラミッド 下から50mくらいの地点で角度が変わっているので屈折ピラミッドと呼ばれている 赤のピラミッド 赤っぽい石が使われているので赤のピラミッドと呼ばれている 午後2時過ぎにメンフィス博物館に到着 一番暑い時間帯です メンフィス博物館には脚の一部が欠けたラメセス2世の巨像が横たわったまま保存されています 体長約15mだそうです 2階から見ました。 なかなかのイケメン 本当に大きいです。 博物館と言っても空調があるわけでもなかったのですごく暑くて、体力が無くなった私はグロッキー。 みんなは博物館を出た後外の展示物を見に行きましたが、私は一足先にバスへ。 今考えるともったいないですが、仕方ないですね。

続きを読む

エジプト旅行記 8月17日 太陽の船博物館

太陽の船博物館は第一ピラミッドから歩いて数分のところにありました。 クフ王のピラミッドの南側で発見された、世界最古といわれる木造船「太陽の船」を復元し、展示している。この船は、ファラオの魂が天空を往来するときに使うものとされ、葬儀に使われたともいわれている エジプトの博物館などではカメラ券というものがあり、この太陽の船博物館と、翌日に行った考古学博物館でカメラ券(カメラで撮影していいチケット。これを持っていないで撮影していると罰金取られます)を購入しました。 カメラ券は50エジプトポンド(日本円で約300円)です これは模型ですがものすごい大きな船が復元・展示されていました。 死者のためにこれほど大きな船を造ったってすごいですよね。 当時は夜になると死者の魂が起き出してきて舟をこぎ出し活動したと考えられていたようです。 太陽の船博物館の周りにもラクダに乗せる人たちがいて、写真を撮ってもお金よこせって言ってくるから気を付けて。と言われちゃいましたが、写真撮りました。 お金くれって言われなくて良かったです エジプトではお金の単位はエジプトポンド。 1エジプトポンドは日本円で約6円。 2日間の滞在でしたが、あまりエジプトポンドは使わないだろうと3000円だけ両替しました。 エジプトではアメリカドルも利用できました。 エジプトポンド結局使ったのはレストランで支払った飲み物代とカメラ券でした。 …

続きを読む

エジプト旅行記 8月17日 ギザの三大ピラミッド

17日からエジプト観光が始まりました。 エジプトはセキュリティがとても厳しい。 ホテルの車寄せには警官と警察犬がいて、バスもセキュリティチェックがあります。 もちろん、ホテルに入るのにも手荷物検査があり、必ず手荷物検査を受けます。 どこもみんな同じ。観光地には必ず警官が待機していて手荷物検査も受けます。 そしてツアーバス、日本人とアメリカ人の観光バスにはツアーポリスが義務付けられて、警官が1人乗り込みます。 特に何をしてくれるわけれはありませんが、毎日ツアーポリスは人が交代しながら同乗していました。 まずはピラミッド観光です お天気は晴れですが、なんとなく埃っぽいので空がくすんで見えました。 エジプトではほとんど雨が降らないので乾燥しているはずなのですが、アテネのカラッとした暑さと比べるとちょっと蒸し暑く感じました。 やはり大きい! テンションが上がります。 第一ピラミッド・第二ピラミッドと並んでいますが、第一ピラミッド(クフ王のピラミッド)には入ることができました。 カメラの持ち込みは禁止です ギザにある三大ピラミッドとは、古王国時代に絶大な権力をもったクフ王、カフラー王、メンカウラー王の3人の王が造った3つのピラミッドのこと 石段を上りながら中に入っていきました。 中は始めは普通に歩けて坑道の様な感じでしたが、だんだん道幅が狭くなり、高さも中腰で歩かなくてはいけないくらいで板を敷いて簡単な足場を作ったような急な…

続きを読む

アテネ旅行記 8月16日は魔の1日

これは15日の夜、ホテルの屋上からアクロポリスの丘のライトアップを撮りました。 同じくアテネの夜景 16日、この日はアテネからエジプトに移動日 予定では朝10時にチェックアウト。一路アテネ空港へ。 13:30アテネ発→カイロ14:20(時差マイナス1時間)飛行時間は約2時間。 エジプト到着後はカイロからホテルのある都市・ギザへ ホテルに16:30には到着の予定でその日はホテルでゆっくりする予定でした! それがなんと!! 定刻には飛行機に乗り込み、離陸を待っていました。 機内で待つこと約2時間。 アナウンスがあり、なんと機材不良で飛行機から降りる羽目に! しばらく搭乗ロビーで待ち、何と18:30まで待つことに! エジプト航空からミールクーポン15ユーロずつもらいましたが、食欲が全然ない。 飲み物とスナック菓子などに交換。 ひたすらベンチで体力温存。 お土産屋さんなどのぞく気力もなし。 18:30もとっくに過ぎ、飛行機に乗ったのは夜8時過ぎ。 カイロに到着し入国審査に並ぶ列がまた動かない! のろのろの入国審査を抜けてもまだバックがターンテーブルに届いていない・・・ すったもんだでホテルに到着したのは深夜1時近く。 ボロボロでした。 これが辛かった最大の理由です。 帰国の飛行機も搭乗手続きが1時間遅れ。 機内に乗り込んで離陸もまた2時間近く遅れて。(この時またおろされるんじゃないかって不安を感じ…

続きを読む