鎌倉散歩 光則寺

にぎわう長谷寺を出た後、光則寺へ。 長谷寺とは1本道が違うだけでひっそりとしてとても静か。 光則寺は花木や小さなお花がたくさん見られるお寺です。 去年の今頃訪れたときは花海棠の立派な木があり満開、見ごろでした。 今年はどうかな~~?と思って訪れましたが、やっぱり間に合いませんでした。 この花は奥まったところで咲いていました。 ほかにもたくさんの花々が、小さな庭のあちこちで見られました。 ノムラモミジの赤い色。 新緑に映えますね。 光則寺のお庭をたっぷり楽しみました。

続きを読む

鎌倉散歩 長谷寺花めぐり2

眺望散策路、結構急で登っていくには息が切れます。 でも眺めは最高 アジサイの季節にはここにはたくさんのアジサイが見られて登る人の大行列になるらしいですね。 眺望散策路を降りて竹林のあるところで。 タケノコも出ていました。 オオデマリの花が見られたり。 牡丹の花もきれいでした。

続きを読む

鎌倉散歩 長谷寺花めぐり1

鶴岡八幡宮のあとランチ。 それはまた後で。 長谷まで歩き長谷寺へ 長谷寺の境内は新緑と花々で彩られていました。 ここもたくさんの観光客でにぎわっています。 石段を上り観音堂や見晴台、眺望散策路を歩きました。 赤いシャクナゲ?咲き誇っていました。

続きを読む

鎌倉散歩 鶴岡八幡宮

9日(月)友人と鎌倉にお出かけ。 月曜日はいいお天気。でもちょと風が強く吹いたりしました。 鎌倉はソメイヨシノは散っても八重桜やシャクナゲなどほかの花々が咲いていました。 まずは鶴岡八幡宮に。 ここはいつもにぎわっています 鶴岡八幡宮の境内の源平池 旗上弁財天社では白藤が咲き始めていました。 絵馬の近くでは八重桜が咲いていました。 境内にある丸山稲荷社 ちょっと石段を上ったところにあります。 鳥居をくぐり上に。 絵馬は鳥居の形をしていました 風がそよぎ赤い布がはためていました。

続きを読む

東京散歩 再びの新宿御苑4

桜以外にもたくさんのお花が楽しめます。 ハナミズキも輝くように 花梨も小さなピンクのお花を1つ。2つ付けていました サービスセンターの前に鉢植えのネモフィラ 青いお花が太陽に負けない輝き フランス式整形庭園のポプラ並木も形がいいですね。 旧御凉亭にも行ってみました。 リョウという字、「涼しい」のサンズイかと思いましたが、凉という文字でした。 (今知った事実!?) この中から見る風景もいいものです。 新宿御苑、とても広くてゆっくり回ると1日かかってしまいそうです。 長い間お付き合いいただきありがとうございました

続きを読む

東京散歩 再びの新宿御苑3

桜巡りでたくさんの種類の桜を見られて一応名札も撮ってきましたが、ちょっとウコンと御衣黄の区別がつかなくなってしまいました 間違えていたら済みません。ご指摘くださいね こちらはウコン 駿河台匂(スルガダイニオイ) この花を見ていた人が咲き始めはとてもいい香りがするのよ~~。と言っていました。 柵があり花に近づけなかったので香りは確認できませんでした。 広場でヨガ?をしたり寝転んだりしている人たちや様々楽しんでいますね。 あまり大きくない木でしたが、たっぷり花がついてとてもきれい。 人がたくさん集まって写真を撮っている桜がありました。 梅護寺数珠掛桜 親鸞聖人の伝説を持つ桜で新潟県京ヶ瀬村の梅護寺にある原木は国の天然記念物に指定されているそうです。 とても華やかかわいい桜でした。 木の上でとても大きくさえずる声が・・・ じっと見ているとようやくシジュウカラさんの姿を発見。 やっと1枚撮れました。

続きを読む

東京散歩 再びの新宿御苑2

新宿御苑内にあちこちたくさんかわいいピンクの桜が咲いて、ソメイヨシノよりも華やかでした。 とても大きな桜の木。 人がたくさんいたのでそちらへ私も。 福禄寿 東京の荒川堤にあった品種。学名の「Contorta」は「ねじれた」という意味で、花弁が不規則にねじれていることから、つけられました。  優美で美しい桜です。 (このはなさくや図鑑HPより) 御衣黄も咲いていました。 遠くから見るとほんとうに緑色ぽくて葉っぱとの区別がつけづらい感じでした。 そして見たかった兼六園菊桜! ルーツは名前の通り、金沢の兼六園に。 花びらがとても多く200~300枚だそうです 花自体はそんなの大きくなくて、名前のように小菊が木についているような感じにも見えました。 見られて良かった~~!

続きを読む

東京散歩 再びの新宿御苑1

4月8日(日)再び新宿御苑に。 ソメイヨシノは散ってしまいましたが、関山や一葉、そして見たかった兼六園菊桜などの桜が見られました。 千駄ヶ谷門から入ったら大きな桜が目に付いて、引き寄せられるようにそちらへ。 かわいい桜が枝にたっぷり。 新緑の中を歩くのも気持ちよさそう。 イチハラトラノオ 京都市左京区の市原にあった桜で、長く伸びた枝に花が密生し、虎の尾のように見えることから名づけられたそうです。 かわいい虎のしっぽですね 普賢象 花が重弁の八重桜であり、大輪の花を咲かせる。花は若いうちは薄紅色をしており、だんだん白くなっていく。 雌しべが花の中央から2本出ており、細い葉のように葉化している。この雌しべが普賢菩薩の乗る普賢象の鼻に似ている事からこの名前がつけられた (Wikipediaより抜粋) つつじ山もそろそろカラフルな小山ができ始めました。 桜とツツジの共演 しばし新宿御苑の花めぐりにお付き合いくださいね!

続きを読む

東京散歩 スカイツリーぶらぶら歩き

錦糸町からタワービュー通りを歩いてスカイツリーまで。 通り沿いのお宅の八重桜。ちょうど桜とスカイツリーが一緒に撮れました。 スカイツリーはいつものように、観光客でにぎわっています。 下から見上げて撮ってみる。 スカイツリーのスカイアリーナに桜の木が何本かあり、ここでもスカイツリーと桜のコラボを 思い切り上を見上げています ソラカラちゃんもいました。 そしてまたレストラン街の31階に。 ジオラマモードで ライトアップまで待とうかと思いましたが、ライトアップの時間は6時15分。 まだまだ時間あってそこまで待てないので仕方ない帰りました。

続きを読む

ご近所散歩 郭沫若記念館

芝桜の後、久しぶりに館内に入りました。 家の前に海棠が鮮やかに咲いていました。 郭沫若記念館は亡命当時須和田に居住していた建物を保存し利用していましたが、傷みも激しくなり一部移築し、復元視されたものだそうです。 記念館は、旧宅の間取りを忠実に再現し、玄関や木製のガラス戸などの一部は当時のものがそのまま使われています。庭には当時と同じく泰山木が植えられています。 平屋のかわいい住宅です 郭沫若氏が書いた額だそうです。 室内には郭沫若氏の系譜が貼られていたり、毛沢東から送られた手紙(中国の学芸員の模書)などの展示がありました。 木枠の窓の外に海棠や芝桜が見えました。 こちらは無料で入れますが、芝桜の今のシーズンは定休日はありませんが、普段は金・土・日のみ開館です。

続きを読む