東京散歩 神楽坂界隈1

早稲田から歩いて神楽坂へ。 神楽坂はこじゃれたお店が多くて街角スナップを撮って歩くのもとても楽しい。 赤城神社付近で面白いお店を見つけました。 ねこの郵便局という名前のおみせだそうです。 中には入りませんでしたが、ネコグッズが何やらたくさんありそうです。 店頭もちょっと雑然とした雰囲気ですが、ユニークで面白いお店だと思いました。 赤城神社 伝承によれば、正安2年(1300年)、後伏見天皇の御代に、 群馬県赤城山麓の大胡の豪族であった大胡彦太郎重治が牛込に移住した時、 本国の鎮守であった赤城神社の御分霊をお祀りしたのが始まりと伝えられています。 その後、牛込早稲田の田島村(今の早稲田鶴巻町 元赤城神社の所在地)に鎮座していたお社を 寛正元年(1460年)に太田道潅が神威を尊んで、牛込台(今の牛込見付附近)に遷し、 さらに弘治元年(1555年)に、大胡宮内少輔(牛込氏)が現在の場所に遷したといわれています。 この牛込氏は、大胡氏の後裔にあたります。 天和3年(1683年)、徳川幕府は江戸大社の列に加え牛込の総鎮守と崇め、 「日枝神社」「神田明神」と共に、「江戸の三社」と称されました。 この三社による祭礼の際における山車、練物等は江戸城の竹橋から内堀に入り 半蔵門に出ることを許されていました。 (以上赤城神社HPより) これは境内に入り鳥居を写しました。 新しいとてもきれいな神社です ご本殿…

続きを読む