東京散歩 湯島聖堂

神田明神からこの次は湯島聖堂へ。 湯島聖堂というと、歴史で昌平坂学問所を習ったな、という記憶がありますが、内容は覚えていない 湯島聖堂は、もと上野忍ヶ岡にあった幕府儒臣・林羅山の邸内に設けられた孔子廟(先聖殿)を元禄3年(1690)、五代将軍綱吉がここに移し、先聖殿を大成殿と改称して孔子廟の規模を拡大・整頓し、官学の府としたのが始まり。この時からこの大成殿と附属の建造物を総称して「聖堂」と呼ぶようになった。 こののち、寛政9年(1797)十一代家斉のとき規模を拡大し「昌平坂学問所」を開設、官学のとしての威容も整った。この時の設計は、かつて朱舜水(中国明朝の遺臣)が水戸徳川光圀のために製作した孔子廟の模型が参考にされた。また、これまで朱・緑・青・朱漆などで彩色されていたものを黒漆塗りとした。 (以上 史跡湯島聖堂HPより) 土塀が残っていて当時の雰囲気が感じられます 杏壇門 杏壇門の近くに絵馬がかけられていました。 やはり合格祈願が多いですね 大成殿 大成殿から杏壇門の方を撮ってみる 静かで落ち着いた空間でした。

続きを読む