台湾旅行記 行天宮~国父記念館

1月1日です といっても台湾のお正月は旧正月の方がメインで元旦は普段とあまり変わりなさそう。 それでも日曜日でお休みの人が多く、どこへ行ってもたくさんの人がいました。 私たちは新年らしく一応お参り・・・ 行天宮へ 行天宮は関帝廟で商売の神様をお祭りしている廟です。 訪れたとき中でお教?を上げている僧侶(そう呼んでいいのかわかりませんが)がいらしたので、お参りに来た人達はそのお教に合わせて手を合わせたりしていました。 台湾での初詣を終わらせて、今度は国父記念館へ。 中国近代化革命の父、孫文。台湾では「國父」の称号で、現在でも高い尊敬を受けています。100元札の肖像も孫文で、その温和な微笑を浮かべた顔を、旅行中に目にすることも多いでしょう。ここ國父紀念館は孫文の業績を讃え、その教えを後世に語り継ぐことを目的に建設されました。 (旅旅台北.comより) 国父記念館の公園もとても広く、後ろに台北101がよく見えます。 ここからニューイヤーカウントダウンの花火もよくみえただろうな、と主人と話しながら散策。 屋外にも孫文の坐像があります。 大きな玄関 この中にまた孫文のとても大きな坐像がありました。 坐像の前では衛兵さんが守っています。 2階から見下ろしてみる しばらくすると毎時0分になると衛兵さんの交代式が行われます。 そのときは衛兵さんの行進や動きが見られますが、あとは身…

続きを読む