鎌倉散歩 安養院 街角スナップ

安養院 安養院は浄土宗の寺。この寺は、嘉禄元年(1225)、北条政子が夫・源頼朝の冥福を祈って建てた笹目の長楽寺が前身といわれる。 長楽寺は幕府滅亡とともに焼け落ちた為、この地に移ったが延宝八年(1680)に寺は再び全焼。源頼朝に仕えた田代信綱が建立した田代寺の観音堂を移して再建された。安養院の名は政子の法名である。本堂には本尊阿弥陀如来像と千手観音像と北条政子像が安置されている。 6月にはオオムラサキツツジが見ごたえがあるそうです。 宝篋印塔 北条政子のお墓と伝えられている お寺めぐりをしながら街中でちょっと目に付いた建物やかわいい小物もたくさん撮ってきました。 そちらもちょこちょこご紹介します。

続きを読む