鎌倉散歩 蛇苦止堂~八雲神社

妙本寺の横道を行くと蛇苦止堂というお堂がありちょっと興味をそそられて行ってみました。 蛇苦止堂のいわれは 1203年(建仁3年)、比企能員が北条時政邸で暗殺され、比企ヶ谷の比企一族は、北条義時らに攻められ滅ぼされた(比企の乱)。  二代将軍源頼家の側室であった若狭局(能員の娘)は、家宝を抱えて井戸に飛び込み自害したと伝えられている。  『吾妻鏡』によれば、1260年(文応元年)、北条政村(のちの七代執権)の娘は、比企判官能員の娘に祟られ、蛇のような狂態を見せるようになったが、鶴岡八幡宮の隆弁による加持祈祷によって快復した。  のちに政村は、比企の邸跡に、若狭局を蛇苦止明神として祀る社を建立したという。 (以上HPより) ここも私一人で静かな時間を過ごしました。 石段の脇にムラサキハナナが咲いていました。 今回の目的のお寺に行く途中、ふと目に付いた神社にも立ち寄り。 八雲神社という神社でした。 八雲神社は、「八雲さん」、「お天王さん」の愛称で親しまれている大町の鎮守。  新羅三郎義光が兄八幡太郎義家の助勢(後三年の役)のため奥州に赴く途中で鎌倉に立ち寄った際、疫病が流行っていたため、京都の祇園八坂社の祭神を勧請したのが八雲神社の始まりと伝えられている。  室町時代には、佐竹屋敷の祠が合祀され、「佐竹天王」とも称され、江戸時代には将軍より朱印も賜り、「祇園さま」として尊崇された(参考:大寶寺)。  明治維新を迎…

続きを読む