台湾旅行記 台北101 カウントダウン2

3・2・1・・・・ 始まりました。 大歓声とともに花火がビルを包むように、というか、ビル全体が爆竹のように見えてきます。 私たちも石のベンチに上って。 夢中でシャッターを押しました。 三脚は使っていない手持ちで、連続シャッターですが、思ったよりピンボケはないように思いました。 しいて言えば周りのビルの間隔がもう少しあればもっと花火の広がりが見られたのにな~~って。

続きを読む