京都旅行記 二尊院

二尊院に行くまでの道すがら立派なすすきが見られたり、竹細工を売っているお店がありました。 二尊院 本尊に釈迦如来と阿弥陀如来の二尊が祀るため二尊院と呼ばれています。伏見城(薬医門)から移築された総門からは紅葉で敷きつめられた参道が続き「紅葉の馬場」とよばれる紅葉の名所です。 現在は本尊改修工事のため本尊を拝観することができず、庭園のみの拝観でした。残念! 参道もまだ紅葉は進んでいませんが、色とりどりに見られる葉が美しく感じました。 鐘を3回衝くことができました。 おなかに響く重低音が心地よく残りました。 上に上る石段がありましたが、とても高そうなので、断念。 写真に収めるだけにしました。

続きを読む