京都旅行記 竹林~落柿舎

野宮神社を出てちょっと行くと線路が。 竹林もある小径を横切る線路、昔と今が垣間見られます。 このあたりも竹林が多く、竹林の小道という場所があって竹林の中をぐるっと回ることができました。 可愛いお地蔵さまもいましたよ のどかな風景を見ながら歩きます。 落柿舎 松尾芭蕉の弟子、向井去来の別荘として使われていました。 去来の『落柿舎記(らくししゃのき)』には、庭に柿の木が40本あり、その柿を売る約束をした後に、その柿の実が台風で一夜のうちに殆ど落ち尽くしてしまいました。それが落柿舎の名の由来です。 侘び寂びを感じる場所でここも大好きなところです。

続きを読む