京都旅行記 平等院

宇治市の 平等院へ。 平等院は永承7年(1052)、関白藤原頼通によって、父・道長の別荘を寺院に改め、創建されました。 その翌年天喜元年(1053)に阿弥陀如来を安置する阿弥陀堂が建立され、その建物が現在鳳凰堂と呼ばれている経典に描かれる浄土の宮殿をイメージした優美で軽快な建物です。 庭園は浄土式の借景庭園として史跡名勝に指定され、現在は鳳凰堂周辺の洲浜や平橋、反橋などが整備されています。 そのほかにも平等院には大和絵風来迎図、梵鐘、鳳凰一対など平安時代の多くの文化財が伝えられています。 特に11世紀の仏像群としては唯一伝来する雲中供養菩薩52躯はいずれも雲に乗り、様々な楽器を奏で舞うなど伸び伸びと繊細に彫り上げられています。 (以上パンフレットより) 鳳翔館こちらの館内は撮影禁止 梵鐘や鳳凰一対、雲中供養菩薩像26体などが展示されていました。 鳳凰堂こちらも撮影禁止です。 別料金で時間指定のチケットをもらい、その時間になかに入り、阿弥陀如来像や雲中供養菩薩のお話を聞くことができました。 美しい菩薩像を見ることができました。 平等院の紅葉は色づいてきたという感じで、赤や緑がとても美しく見えました。

続きを読む