関西旅行記 萌黄の館

風見鶏の館を出てお隣の萌黄の館にも入りました。 風見鶏の館と萌黄の館は観光案内所すぐにあり、公園の広場ではパフォーマンスが行われていました。 こんな噴水があって楽しい 萌黄の館外観です 萌黄の館 明治36年(1903)にアメリカ総領事ハンター・シャープ氏の邸宅として建築されました。 木造2階建て、下見板張りの異人館で、2つの異なった形のベイ・ウインドー(張り出し窓)を始め、アラベスク風模様が施された階段、重厚なマントルピースなど贅沢な意匠が随所に見られます。 その後、昭和19年(1944)に小林秀雄氏(元神戸電鉄社長)の住宅となりました。 昭和55年(1980)に国の重要文化財に指定され長らく「白い異人館」と呼ばれていましたが、62年(1987)からの修理で建築当時の淡いグリーンの外壁に復元されて、その名がつけられました。 (以上パンフレットより) 1階応接室に「少年H」のものが置かれていました ロケに利用されたようです。 かわいい小物も置いてありました。 玄関ホールをはさんで応接室、反対側には食堂がありました。 2階に上がると化粧室 東寝室 西寝室、そしてバルコニー 子供部屋 またたくさん写真を撮ってしまいました。 庭に出てみるとお掃除をしている女性のすぐ近くにごろんと横になっている猫ちゃん その女性いわく、この猫ちゃんはこの女性が大好きで、必ず付いてく…

続きを読む