台湾旅行記 平渓線 菁桐駅(チントン)1

ホウトン駅から再び電車に乗り、終着駅の菁桐駅(せいとうえきチントン)に。 ゆけむりさんからのご指摘でチントン駅と読むと教えていただきました。 ホウトン駅から電車に乗り込みましたが、またこの電車も大混雑。 この先十分駅で降りる人がたくさんいました。 去年は十分駅で降り、十分瀑布や天燈を上げる人たちの姿を楽しみみましたが、今年はここはパス。 (去年の記事はコチラ ⇒https://karukitisanpo.seesaa.net/article/201405article_7.html ) そのまま菁桐駅まで。 駅に着くたびにたくさんの人が降りて、再び乗り込んできて。 ずっと電車の中は満員。 みんな大声でしゃべっているからほんとにうるさい!喧嘩しているのか?なんて思ってしまう大きさでした。 電車の本数が少ないので、電車が来ないときはみんな線路に出て写真を撮ったりしていました。 ガジュマルの木に願い事を書いた竹筒がたくさんぶら下がっていました。

続きを読む