東京散歩 日本橋七福神巡り 1

毎年恒例 七福神巡り。 去年は小石川七福神巡りでしたが、今年は毎度の日本橋七福神めぐりに。 まずは恵比寿様の寳田恵比寿神社 ここの前にあった駐車場が今工事中でビルができるようで、工事車両が行き来してちょっとびっくり 椙森神社(恵比寿様) こちらも恵比寿様 日本橋七福神は恵比寿様が2社 ここの神社には富塚もあり、宝くじの発祥とされています。 末廣神社(毘沙門天) 木の根に小さなお稲荷さん 笠間稲荷神社(寿老神) ここにはお狐様も並んでいました。

続きを読む

東京散歩 亀戸天神 初詣2

亀戸天神からスカイツリーもよく見えます。 藤の花で有名な亀戸天神ですが、まだ季節が早いので藤棚とスカイツリーのコラボで 太鼓橋も池に写り円を描くように見えました。 梅はまだ先ですが、梅の木に雀の花が 蝋梅は咲き始めでした。 おみくじを売っている屋台の上に懐かしい電球。 昔黒いところにあるネジ?をひねってつけた思い出があります。 亀戸天神はあまり広くはありませんが、ちょっと散策すると面白いものがたくさんありました。 昨日の記事でちょこっと紹介したうそかえの神事 亀戸天神のHPに記載されていました こちら⇒http://kameidotenjin.or.jp/events/ うそ”は幸運を招く鳥とされ、毎年新しいうそ鳥に替えるとこれまでの悪い事が“うそ”になり一年の吉兆(きっちょう)を招き開運・出世・幸運を得ることができると信仰されてきました。 江戸時代には、多くの人が集まりうそ鳥を交換する習わしがありましたが、現在は神社にお納めし新しいうそ鳥と取替えるようになり、1月24・25日両日は多くのうそ替えの参拝者で賑わいます。うそ鳥は、日本海沿岸に生息するスズメ科の鳥で、太宰府天満宮のお祭りの時、害虫を駆除したことで天神様とご縁があります。又、鷽(うそ)の字が學(がく)の字に似てることから、学問の神様である天神様とのつながりが深いと考えられています。亀戸天神社の“うそ鳥”は、檜で神職の手で一体一体心を込めて作られ、こ…

続きを読む

東京散歩 亀戸天神 初詣

亀戸天神に初詣。 といっても、もう三が日は終わり、平日の午後だったので、お参りする人の行列もそんなには長くなく。 今年の健康祈願などをしてきました。 池の周りの藤棚も水鏡。 この日は風もなく穏やかで結構暖かな日でした。 うそかえ神事も今月24・25日に行われます。 道真公の像の足元に鷽(ウソ)が大集合 おみくじも沢山結ばれていました あら、かわいいネコのおみくじ・・・・とよく見たらなんと日光東照宮!? 天神様はこれでしょう~~

続きを読む

東京散歩 日本橋界隈2

もう少し日本橋を歩いてみると、水が流れる場所に到着。 よく見ると名水白木屋の井戸という石碑でした。 日本橋の南側にあった白木屋は近江商人大村彦太郎の創業で、日本橋北側の越後屋と並ぶ呉服の大店でした。2代目彦太郎は正徳元年(1711)、日本橋周辺の水の悩みを解消するため店内に井戸を掘ります。難工事の中、一体の観音像が出たのを機に、こんこんと清水が湧き出したと言われています。以来、周辺住民のみならず広く「白木名水」とうたわれました。越前松平家では、この水で当主の病が治ったとして、明治維新まで毎朝汲み取りに行ったそうです。 ネットで見るとこういうHPがありました ⇒http://www.syougai.metro.tokyo.jp/bunkazai/week/chuo/chuo10.html 白木屋は以前東急百貨店があった場所で、今ではCOREDO日本橋アネックスとなり、椅子やテーブルが置かれ、憩いの場所になっていました。 流れる水もとても綺麗に見えました。 まだまだ知らない場所がたくさんありました。

続きを読む

うるぷる綺麗プラセンタ

年末年始は暴飲・暴食、そして夜ふかし、朝寝坊と生活リズムが乱れがち。 食事も食物繊維などあまり摂れなくて、肌あれもひどくなったりします。 今回うるぷる綺麗プラセンタというサプリメントを試してみました。 カプセル状のプラセンタのサプリメントを1日に2粒飲んでみました。 この2粒にプラセンタ6000mg レスベラトロールやイソフラボン、DHA・EPA、アスタキサンチンなどがギューッと詰まっているそうです。 私は夕食後に飲みました。 そしてプラセンタというと特有の臭いがあったりしますが、カプセルをお湯やぬるま湯と一緒に飲むだけなので、簡単に飲みやすい。 手軽に続けられました。 このプラセンタのおかげか、年末年始の肌トラブルもなく過ごすことができました。

続きを読む

東京散歩 日本橋界隈

八重洲口から日本橋に向かって歩いてみました。 メインから外れた通りにも雰囲気のいいお店がいくつもありました。 ちょっと豪華なエントランス 一見、ホテルみたいですが、マンションのようです。こんな都心の真ん中のマンション、高いんだろうな~~ 日本橋に行くと有名なたいめいけんのところにあった看板 これは逆光でなんだろう?と順光で撮って見る 奴凧で凧の博物館とありました。 調べてみると江戸凧をはじめ日本全国から集められた凧が約3000件近く展示されています。 休みで中を見られなかったのですが、今度行ってみたいですね HPはこちら⇒ http://www.taimeiken.co.jp/museum.html

続きを読む

東京散歩 銀座の明かり

また年末に戻り恐縮ですが 銀座の夕景 並木通りのライトアップ とても華やか 足元も綺麗 ルイ・ヴィトンの華やかなショーウィンドウ 額縁のようなショーウィンドー ビル工事中の重機も夕暮れどきはいい被写体に。 カフェも素敵ですね。 これも12月28日に撮りました。

続きを読む

東京散歩 浜離宮 放鷹術2

この放鷹術は毎年1月2・3日の午前11時と午後2時から約1時間行われています。 回ってくる鷹匠にいろいろ質問できるのも楽しみの1つです モモアカノスリの女の子 2才半くらいだそうです。 そう言われてみると顔がちょっと優しい感じがします それでも狩場などで鷹同士一緒になったりするとメスのほうが気が強いのでメスが勝ったりするそうですよ。 浜離宮ではこんなものも見られました。

続きを読む

東京散歩 浜離宮 放鷹術1

新年のイベント 浜離宮恩賜庭園の放鷹術を2日に見に行ってきました。 といっても、年々このイベントの観客も増えてどんどん見づらくなってきて。 早く行くのも寒いし~~、なんて横着者。 11時から始まるイベントの最後に鷹を鷹匠が連れて回ってくれるのだけ見れればいいや。 とおっとり刀で11時40分すぎに会場に到着。 ちょうど浜離宮の近くの電通ビルの上から鷹を飛ばして会場の鷹匠のもとに戻ってくるという「オオタカの急降下」が始まるところでした。 電通ビルの屋上に小さく鷹と鷹匠の姿が見えました。 しばらく風の止むのを待ったあとに鷹が飛び立ちましたが、上空の鳥を追いかけ違うところに飛んでいってしまったようで、会場には戻ってこなくて。(あとでちゃんと鷹匠が探しに行って見つけたそうです) 毎年この急降下をやっていますが、あんまり成功することがなく。(私が見ている限りですが。) 会場に行ってみると最後の演目をやっていました。 間に合った!? 鷹を飛ばして、飛んでいる鳩を捕まえるというものでした。 そのシーンは人垣で見られませんでしたが。 放鷹術が終わったあと、鷹匠が鷹を連れて観客席の前を回ってくれました。 鷹匠もみんな若い女性でちょっとびっくり 精悍な顔つきです。

続きを読む

東京散歩 ミチテラス2014 番外編

年はあけましたが、これは年末です。 東京駅のライトアップ、前回並んで前から見ましたが、東京駅前のビルからよく見えるかも?と行ってみたKITTEの空中庭園。(空中庭園も以前記事にしました) ここからよく見えるかな?と行ってみたら考えることは皆同じ、賑わっていました。 親切な男性が自分が撮影終わったと、場所を譲ってくれたので、結構いい場所で撮れました そして場所を変えて、丸ビルに。 東京駅前のビルでここからもよくライトアップが見えましたが、やはりものすごい人です これは12月28日(日)に撮りました。

続きを読む