トルコ旅行記 アヤソフィア大聖堂

アヤソフィア(トルコ語:Ayasofya、古典ギリシア語:Ἁγία Σοφία (Hagia Sophiā)、現代ギリシア語:Αγία Σοφία (Aagia Sophia))は、トルコのイスタンブルにある博物館。 東ローマ帝国(ビザンツ帝国・ビザンティン帝国)時代に正統派キリスト教の大聖堂としての建設を起源とし、帝国第一の格式を誇る教会、コンスタンティノープル総主教座の所在地であったが、1204年から1261年まではラテン帝国支配下においてローマ・カトリックの教徒大聖堂とされていた。その後は1453年5月29日から1931年までの長期間にわたりモスクとして改築を繰り返し使用されて現在の特徴的な姿となり、後に世俗化された。1935年2月1日から博物館(トルコ語: Ayasofya Müzesi)として使われている。 (以上Wikipediaより) アヤソフィア大聖堂の入口から中に入ります。 天井側面にイエス・キリストが描かれています。 大聖堂の中に。 横の通路から上に上がれるようになっていて、上に上がってきました。 そこは石畳のような緩やかな螺旋の上り坂。 ちょっと滑りそうで怖い 上にもキリストの絵があり、観光客(イスラム教徒以外?)の人たちもこの絵を撮っていました。

続きを読む