トルコ旅行記 11月21日 イスタンブール トプカプ宮殿1

イズミールに別れを告げて、国内線でイスタンブールまで。 約1時間のフライト。 あっという間に到着です。 イズミールの空港内 イスタンブールに到着し、市内観光の始まりです まずは昼食。 イスタンブールも海に囲まれた街ということでシーフードのお料理でした。 初めにスープ そしてイカリング メインはスズキを焼いたもの シンプルで食べやすかったけれど、醤油をかけたい!と思ってしまいました。 この日はトプカプ宮殿に  トプカプ宮殿は、スルタンが居住した私的空間と国政の場を兼ね備えた施設でした。莫大な富を示すことで他国を威服させるべく、スルタンの生活すべてが、豪華な装飾に囲まれていました。また世界中の美女が集まったハレムでは、優美な宮廷文化が生まれ、女性たちはスルタンの寵愛を競いました。 以上朝日新聞社(asahi.com)より 表敬の門 トプカプ宮殿で有名なのはハレム この青いタイルの下の道は女性たちの部屋に通じ、男性は宦官かスルタンと限られた男性のみだったそうです。 母后の区画 ハレムの女性たちの憧れは、王子を産み、その王子がスルタンとなって晴れて母后となることであった。母后となれば、ハレムの中心に位置する広々とした区画を与えられ、黒人宦官長とともに最高権力者としてハレムを仕切ることができた。 とても豪華で美しい部屋がいくつもありました。 ちょっと薄暗くてあまり良くわかりません…

続きを読む