トルコ旅行記 11月18日コンヤ観光

カッパドキアに別れを告げて次の観光地に向かいました。 と、その前に・・・再びお土産屋さん。 今度はトルコ石の宝石店。 今回のツアーはトルコ絨毯、トルコ石の宝石店、革製品と3店立ち寄るとパンフレットにありました。 しかしどこも高級品で、私はあまりどれも興味がなかったので辛かった~~。 アクセサリーも金属アレルギー気味なので普段から身につけていない。 とりあえず目の保養をさせてもらいました 結構みんな買うつもりはなくてもお店の人との攻防戦に敗れて?購入している人もいましたよ。 これはとっても高そう この日のはじめの観光はキャラバンサライ(隊商宿跡) 隊商のための取引や宿泊施設でここはとても立派なものが残されていました。 シルクロードで様々な商品を背に乗せたらくだや人々が危険な山道を行き交い、こういった宿にたどり着いて体を休めたのかと思うと改めて歴史の深さを感じました。 トルコ内陸の主要都市・コンヤで市内観光です。 市内に入ると子供たちの姿が。 バスに向かって手をいつまでも降ってくれる姿が印象的でした。 インジェミナーレ神学校 1267年にイスラム教の神学校として作られた。細い(インジェ)、尖塔(ミナーレ)の名がついているが、尖塔は落雷で低くなっている。イスラム関係の彫刻などがあり、幾何学文様やアラビア文字の装飾が美しい。 これが当初の建物の様子だそうです。 入口上はとても素晴らしい彫刻で出来…

続きを読む