トルコ旅行記 ギョレメ野外博物館

このギョレメ野外博物館は世界遺産になっています ギョレメ国立公園(トルコ語:Göreme Milli Parklar)はトルコのカッパドキア地方ネヴシェヒル県にある国立公園である。奇岩群と古代ローマ時代にギリシア人のキリスト教徒によって建設された地下都市がある。カッパドキア観光の中心地であり、1985年、ユネスコの世界遺産(複合遺産)に「ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩石遺跡群」として指定された。 ギョルメの岩窟教会 この地域への初期の移住は キリスト教が伝播した頃の古代ローマ後期にさかのぼる。史跡の中にはギョレメのオルタハネ、ドゥムス・カディル、ユフス・コックとベジルハネの教会、岩から彫られた家々と縦抗がある。 (Wikipediaより) これは世界遺産のユネスコのマークです 入口前でトルコアイスを売るお兄さんたち。 日本語がとても上手でした。 博物館といっても大きな展示館のようなものではなく、岩山に作られた家が教会となっていたり、食堂跡だったりしていました。 教会として使われていたものの中は撮影禁止でした。 名前のついている教会も数あり、その中には人骨が置かれていたりしました。 人が出入りしているところが教会として使われたりしていたところです。 遥か昔、迫害を恐れたキリスト教徒たちがこの地に住み、岩山を住居や教会を作り暮らしていたことを思うと本当に驚きです。

続きを読む