トルコ旅行記 11月20日エフェソス遺跡1

エフェソスにも巨大な遺跡が残っていました。 古典期のエフェソスはアルテミス崇拝で著名であった。エフェソスでは比較的遅くまで王政が敷かれた。哲学者ヘラクレイトスはこの町の出身である。 紀元前356年、エフェソスのアルテミス神殿に放火すれば後世に名が残ると考えて実行した者がおり、このとき神殿は完全に焼尽した。エフェソスの市民は記録にこの男の名を留めまいとして、あらゆる公的記録からその名を削ったが、この試みは失敗し、ヘロストラトスという名が伝わっている。アルテミス神殿は再建され、世界の七不思議の一つに数えられた。 アレキサンドリアの図書館、ベルガモの図書館と並ぶかつての世界三大図書館の一つ、エフェソスのセルシウス図書館の跡地 エフェソスはヘレニズム都市として栄えたが、紀元前2世紀に共和制ローマの支配下に入り、小アジアの西半分を占めるアシア属州の首府とされた。共和制ローマ最末期に第二回三頭政治の一頭として権力を握ったマルクス・アントニウスがプトレマイオス朝エジプトの女王クレオパトラ7世と共に滞在した地で、かつクレオパトラとの内戦で敗北して捕虜となったアルシノエ4世が送られ、そしてアントニウスら2人の意向により殺害された地としても知られている。その後、古代ローマ帝国の東地中海交易の中心となった。現在残るアルテミス神殿の遺構はローマ時代に建てられたもので、巨大な図書館と劇場を備えていた。劇場は当時最大のもので、5万人が収容された。エフェソスの繁栄は港湾によるところが大きかったが、土砂の沈降によ…

続きを読む

トルコ旅行記 11月20日エフェソス~聖母マリアの家

パムッカレから次の観光地エフェソスに向かいました。 バスに乗っている間に雨が降り出し大雨になってきました。 この日は大理石の石畳を歩く遺跡巡りが予定されていたのでお天気が心配でした。 バスで踏切に差し掛かりました。道中しばらく線路を併走しましたが、電車には会いませんでした。 お土産屋さんに立ち寄り、トイレ休憩。ここではトルコの伝統的なお菓子などを売っていました。 これは試食用のドライいちじくの上にチョコレートがかけてあったもの。 イチジクをじつは食べたことなかったのですが、ほろ酸っぱくて結構美味しかった。 外に出てみると雨が止んで、かたつむりなど見つけました。 街中に入ってきました。 街中を過ぎ、また山道を登っていくと、聖母マリアの家がありました。 トルコはイスラムの国でもあり、キリスト教徒にとっても聖地であるとガイドさんが言っていました。 それがここ聖母マリアの家でした。

続きを読む

トルコ旅行記 パムッカレ2

パムッカレの石灰棚に残念。とか言いながらもたくさん写真を撮っているのでしばしお付き合いくださいね。 ここは靴を脱いで足浴できる場所があり、みんな靴を脱いで中に入っていましたが、ちょっと滑りやすいと聞いたので、私は中に入らず、ぐるっと回って景色を楽しみました。 空にはグライダーや気球が飛び、空からの景色を楽しんでいるようです。 上から見たらまた素晴らしいでしょうね。 またウエディングのカップルも。お幸せに! (ちょっとカメラの色調を変えていてそのまま写していたのでブルーになってしまいました) またここには遺跡のプールがあります。 なんと水中に倒れた遺跡の石柱などがあり、プールとして利用されていました。 日が暮れてきました。 今宵の宿に向かいましょう。

続きを読む

トルコ旅行記 アフロディシアス遺跡2~パムッカレ

博物館の中には遺跡から発掘されたたくさんの彫刻が展示されていました。 バスの止まっている駐車場まで歩いてもそんな距離ではなかったのですが、トラクターのピストン輸送で楽々。 世界遺産のパムッカレとヒエラポリスに向かいます。バスで約1時間半。そのくらいだとあまり遠いというイメージがなくなってしまいました ヒエラポリス-パムッカレはトルコ西部・デニズリ県にあるユネスコの世界遺産(複合遺産)の登録名。パムッカレは石灰華段丘からなる丘陵地の名前であり、2世紀頃、ヒエラポリスというローマ帝国の都市が存在した。現在は遺跡が残る。 (Wikipediaより) パムッカレ 白い石灰棚に青い水が美しいのですが、石灰棚も白茶けてきているところも結構あって楽しみにしていただけに半分がっかり。 ヒエラポリスの遺跡群 ここも雄大な遺跡群が残っていました。

続きを読む

トルコ旅行記 アフロディシアス遺跡1

アンタルヤからバスで約4時間。 昼食を済ませてから観光の始まりです。 アフロディシアス遺跡にいきました。 アフロディシアスはヘレニズム時代から重要都市として位置づけられ、紀元前1世紀に、美と愛の女神アフロディー テを祭る神殿が建造され、古代ローマ皇帝ハドリアヌス治下の後2世紀初めに増築された また数々の建造物が良好な保存状態で残っている。とくに、3万人の観客を収容したスタジアム(競技場)はほぼ完璧な保存状態。 アフロディーテというとわかりにくいですが、ビーナスといえばわかりますね。 広大な地にこのような遺跡の跡がたくさん保存されていました。 博物館の前には石棺がたくさん置かれていました。 劇場 競馬場 こんな遺跡のところにも猫さんがいました。 入場門近くにカフェなどありますが、そこに猫がたくさん。 トルコにはどこへ行っても猫に会えました。

続きを読む

シアー カバーで優しいメイク

『シアー カバー ベーシック5点トライアルセット(30日セット)』を使ってみました。 可愛らしいパッケージに入ってきました。 開けてみるとこんな感じ 早速使ってみました。 まずは コンシール アンド ブライトン トリオ ブラシにコンシーラーを取り2色の肌色をブレンドして自分の肌に近い色を作り目の下のクマや気になるシミの部分に塗りこみました。 コンシーラーって今まで使ったことがなかったので、結構気になるシミがわからなくなるのが嬉しかった。 その次はパーフェクト シェード ミネラル ファンデーション フタの内側にファンデーションを出して、ブラシにつけて使いました。 ブラシの使い方も粉をくるくる回すように良くブラシにつけてそのブラシの柄を下に向けてトントンと打ち付けてブラシの毛束にファンデーションが良く馴染むようにしたあとに、お肌に。 円を描くように顔の内側から外側に向けてブラシを動かして軽くファンデーションを載せていきます。 このミネラルファンデーションは100%天然ミネラルを配合して、グリーンルイボスティエキスとカミツレエキスの2種類の植物エキスを配合しているので、肌にとても優しい。 SPF15 PA ++でUVカットもしてくれます。 そしてナチュラルな仕上がりなのに、トゥルーシェードテクノロジー(ミネラルピグメントと光学フィルタによりシミ・くすみをカバー)の効果でどんな肌にもマッチするファンデーションでした。 ファンデー…

続きを読む

トルコ旅行記 11月19日 アンタルヤの朝

アンタルヤ(Antalya) トルコ南西部アンタルヤ県の県都。地中海に面し、山に囲まれて切り立った海岸線を持つ。かつてはアッタリア(Attalia)、アダリア(Adalia)などと呼ばれた。1970年代以降は観光都市としての投資が盛んである。 (Wikipediaより) 地中海を臨む部屋。との触れ込みでしたが、部屋からは海が見えん! 結局朝早めに起きて朝日を見たいな~~と外に出てみた。 ホテルの1階のレストラン前にプールと庭が有りそこでしばし景色を楽しみました。 だんだん日が昇ってきました。 これは、海にも行かなくては。と朝食後に海に行ってみました。 雲がちょっと多めでなかなかすっきりとしたお天気ではないのが残念。 ホテル周りはこんな感じ。まだまだ開発途中でしょうか。 ホテルに戻りプールサイドに行くととっても人懐っこい猫ちゃんがいました。 カメラを向けると寄ってきてスリスリ。椅子に座ったら、横に来てひざに乗ってくるほどフレンドリーな猫ちゃんでした。 その猫に別れを告げて、またバスに乗り込みます。 車窓から写した地中海。 いつまでも見ていたい海の風景でした。

続きを読む

トルコ旅行記 メブラーナ博物館

メブラーナ博物館 旋回舞踊で有名なメヴラーナ教団の総本山だったところ。教団の発展に関係した修行場、名僧たちの棺が置かれた霊廟、旋回舞踊で使った衣装、コーランなどが収められている。 コーラン イスラムの寺院にはこういった水道の設備があり、ここでて足を洗い清めてからお祈りをしているそうです。 霊廟の周りにたくさんの部屋があり、旋回舞踊のマネキンや楽器、コーランの写本などさまざまなものが展示されていました。 旋回舞踊というと、ちょっと前に日テレの「世界の果てまでイッテQ」で手越祐也がチャレンジしていました。 このあとはこのツアー最大の移動、アンタルヤというところまで約5時間のバス旅です。 途中のドライブインのようなところでトイレ休憩 カラフルな4輪車?子供用かな ホテルには夜7時過ぎに到着でした。

続きを読む

トルコ旅行記 11月18日コンヤ観光

カッパドキアに別れを告げて次の観光地に向かいました。 と、その前に・・・再びお土産屋さん。 今度はトルコ石の宝石店。 今回のツアーはトルコ絨毯、トルコ石の宝石店、革製品と3店立ち寄るとパンフレットにありました。 しかしどこも高級品で、私はあまりどれも興味がなかったので辛かった~~。 アクセサリーも金属アレルギー気味なので普段から身につけていない。 とりあえず目の保養をさせてもらいました 結構みんな買うつもりはなくてもお店の人との攻防戦に敗れて?購入している人もいましたよ。 これはとっても高そう この日のはじめの観光はキャラバンサライ(隊商宿跡) 隊商のための取引や宿泊施設でここはとても立派なものが残されていました。 シルクロードで様々な商品を背に乗せたらくだや人々が危険な山道を行き交い、こういった宿にたどり着いて体を休めたのかと思うと改めて歴史の深さを感じました。 トルコ内陸の主要都市・コンヤで市内観光です。 市内に入ると子供たちの姿が。 バスに向かって手をいつまでも降ってくれる姿が印象的でした。 インジェミナーレ神学校 1267年にイスラム教の神学校として作られた。細い(インジェ)、尖塔(ミナーレ)の名がついているが、尖塔は落雷で低くなっている。イスラム関係の彫刻などがあり、幾何学文様やアラビア文字の装飾が美しい。 これが当初の建物の様子だそうです。 入口上はとても素晴らしい彫刻で出来…

続きを読む

トルコ旅行記 カッパドキア~ローズバレー

ギョレメ野外博物館を出て、トルコ絨毯のお店に。 日本語の上手な店員さんがトルコ絨毯の作り方など説明してくれて、今度は様々な絨毯を見せてくれました。 どれもとても美しく、素晴らしかったのですが、買うつもりが全然なかったので、店員さんとの攻防戦が結構大変でした。 大学で日本語を学んだというお兄さんがYOUTubeで日本の流行をチェックしているのか、「いいじゃないの~~」と言ってきたので「ダメよ~~、ダメダメ」で応戦しましたが、こちらの言うことに素早く日本語で返してくるのには驚きました。 1時間半ほど絨毯屋さんにいて、ようやくお昼ご飯の場所に。 食後はまたバスでカッパドキアの奇岩をいくつか見に行きました。 なんだかとんがり帽子をかぶっているように見えますね。 これはじっくり見るとなんだかトトロに出てくるネコバスの横顔に見えてしまいました 再び移動し、ラクダ岩へ。 3人娘の岩 3つの岩が寄り添うように立っていました。 そしてこの日のもう1つのメイン ローズバレーの夕景色 ピンク色した岩山が連なる渓谷で夕景がとても美しい・・・・のですが。 夕暮れを待つ人たち(ツアーの方を撮ってみました) 残念ながらこの日は曇りがちで夕日が沈む前に雲に・・・ 綺麗にピンク色に染まる渓谷は見られませんでしたが、それでも雄大な景色に感動しました。

続きを読む