大好き!映画・試写会 柘榴坂の仇討

木曜日友人に誘われて見てきた試写会  柘榴坂の仇討 中井貴一 阿部寛 広末涼子 中村吉右衛門 ほか出演 原作 浅田次郎 あらすじ 。幕末の安政7年、主君・井伊直弼(中村吉右衛門)の御駕籠回り近習役として仕えていた彦根藩士の志村金吾(中井貴一)は、桜田門外において目の前で井伊の殺害を許してしまう。切腹も許されず、仇討ちを命じられた金吾は、時が明治へと移り変わってもなお、井伊を殺害した刺客を探し続ける。やがて金吾は、井伊を討った水戸藩浪士の最後のひとりで、車引きの直吉と名を変えて生きていた佐橋十兵衛(阿部寛)を見つけ出すが、その日、明治政府が仇討ち禁止令を発する。 志村の父は切腹、母も自害で責任を取り、志村は切腹を許されず、水戸藩浪士の1人でも構わないから首を主君の墓前に差し出せといわれ、ひたすらに水戸藩浪士を探し続ける。 そんな志村を黙って支える妻・せつ(広末涼子) 明治の世になり、洋装・散切り頭が増え、廃藩置県でもう彦根藩はない、主君の仇なぞ考えず職を持ち明日を生きろと友人からも言われるが、帯刀・着物・ちょんまげで武士の矜持を持ち続ける志村。 長屋でひっそりと息を殺すように車夫として生きる直吉 2人とも武士として生き続けている。 歴史の教科書で安政の大獄や桜田門外の変で井伊直弼の名前は知っており、どちらかというと悪名という感じがしていましたが、どちらかの立場に立つと善・悪と見方も変わるものだとつくづくかんじました。 …

続きを読む