あけぼの山農業公園 蓮の池

風車のすぐ近くに蓮池があり、そこから吹く風がとても気持ちよくて、ひまわり畑に爽やかな風を運んでくれました。 蓮の花も咲いていました。 そして睡蓮も 蓮の池でちょっと涼みました

続きを読む

あけぼの山農業公園 ひまわり ハート

ひまわりというと、やはりこれを撮らなくては! ひまわりの中にあるハートです シベがくるんと巻いてハート型のように見えます。 このハートが可愛くて、何枚も撮ってきました。 若いひまわりはまだあまりクルンとしていなくて、ハートが少ない そしてここでもハチたちが忙しく働いて・・・ 大きなクマンバチも一心不乱にハチミツ収集中でした。

続きを読む

あけぼの山農業公園 ひまわり畑

ここには約5万本のひまわりが植えられているそうです。 とても暑いけれど、時折吹く風が心地いい。 かわいい子供がひまわりの間の道を走り抜ける はしゃいだ姿に思わずパチリ。 ひまわり畑から見える風車もいいですね。 こちらの風車の羽は止められているので、回りません。 撮さなかったですが、今年は何故かコスプレしながら写真を撮っている人たちが何人もいました。 侍風あり、宝塚風あり、ビジュアル系ありと今までにみなかった光景。 しかし暑い中、ご苦労だわ~~と思ってしまうのは私だけだろうか・・・

続きを読む

千葉県散歩 あけぼの山農業公園

土曜日、柏市にあるあけぼの山農業公園にひまわりを見に行ってきました。 お昼過ぎに到着して、本当に暑い! そんな中、ひまわりはとっても元気。 沢山の花が空を向いていました。 ちょうど女の子達がしゃぼんだまを飛ばして、それを撮っていたので、私も思わず便乗させてもらいました 見にくいかな? ひまわりとシャボン玉のコラボです。 このひまわり、太陽のような感じです 7月25日のNHK首都圏ニュースで紹介されたようで、例年よりも見に来ている人が多い気がしました。 しばしひまわり畑をご一緒に回ってくださいね。

続きを読む

武田神社

涼しかった昇仙峡をあとにして、甲府市内に戻ってきました。 甲府市内はいわゆる盆地になっていてやっぱり暑い! おまけに日が差してきたので蒸し蒸ししています 武田神社に行きました。 武田神社は武田信玄ゆかりの神社ですね。 暑くてもこうして緑を見ると涼し気に感じます。 能楽堂もありました。 日帰りドライブ、夕方渋滞になる前にと高速に乗りました。 上野原あたりでものすごい大雨!バケツをひっくり返したよう、という比喩がぴったりの大雨に遭遇しました。 私は助手席でちょっといい夢気分でしたが 出歩いている時に雨に当たらないでよかったです。 山梨へのドライブ、長いあいだお付き合いいただきましてありがとうございました。

続きを読む

荒川ダムとほうとう

ロープウエイに乗るのをやめて、お腹がすいたのでお昼を食べようと再び移動。 神社に置いてあったチラシのお店が良さそうということで車を走らせました。 結構遠いです。 行く途中に荒川ダムがあり、ちょっと寄ってみる。 スッキリ晴れていたら綺麗だったろうな~~。 ダムの景色を見たあと、いよいよお昼ご飯 といってもダムからもまだまだ遠く、こんなところへ行くの??と山道をはいり約5キロ。 やっと到着 藤原庵というお店です チラシにチラシ持参で山の幸の小皿をプレゼントと書いてあったので、チラシを見せると、こんなにもいろいろなおつまみを出してくれました 花豆の煮物 甘さ控えめで昔懐かしい味。そういえば祖母がよくこういう煮豆を作ってくれたなぁ。なんて懐かしく思い出しました。 きゅうりの胡麻味噌和えやおつけもの。 なんだか田舎の親戚の家に来た気分です。 お座敷もありましたが、庭にテーブルや椅子が置いてあり、そこで食べるほうが気持ちいい。 男性の店主一人でやっているお店です。 店主曰く、半野良のネコさんもやってきて、挨拶してくれました。 私はほうとう、主人は大ザル蕎麦を注文。 20~30分くらい待って登場。 熱々のほうとう。 人参、かぼちゃ、白菜、大根、じゃがいも、岩茸などたっぷりの野菜と油揚げのほうとうで、うどんは店主の手打ちでとても太くて、うどんというよりすいとんのような感じ。 煮干出汁の…

続きを読む

昇仙峡散歩 夫婦木神社姫の宮

ようやく駐車場にたどり着き、ロープウエイがあるというのでそちらに移動。 乗車にはまだ時間がちょっとあったので、近くを散策。 夫婦木神社がありました 早速お参り・・・ 湧水もあり、ちょっと飲んでみると冷たくて美味しい ペットボトルに入れて持ち帰る人も多いらしいです。 神社の横に水占いと書いてある場所があってそちらに行ってみると、神社の中に入れて、こういう案内が・・・ 縁結び、安産祈願の神社でした。 神社から再び歩くとなんと、仙娥滝の上部分のお土産屋さんがある場所に到着! 主人は滝を見ていなかったので、主人と一緒にまた滝の所に。 ここからならそんなに歩かなくても滝のところに行けた! 私が歩いた往復3キロはどうしてくれるの!なんてがっくりしましたが、まあ歩かなければ川沿いの素敵な景色は見られなかったでしょうとちょっと考え直してみたりする。 ロープウエイのところに帰ると小雨が降り出し、上の方は曇っていそう。 お腹もすいてきたので、次の場所に移ります。

続きを読む

昇仙峡散歩 その3

行きはよいよい、帰りはこわい・・・ また約1.5キロの道のりを帰るのか・・・とちょっとため息。 でも仕方ない、歩くしかない それでも綺麗な川の流れと流れる水の音を聞きながら歩くのは快適。 そして若干下り道なので、歩くのもそんなにきつくない。 道端に様々な花が見られたのでそれを撮りながら帰りましょう。 景色だけではなくこういう草花にも癒されますね。

続きを読む

昇仙峡散歩 その2

遊歩道をどんどん歩いて・・・ こんな橋を渡り・・・ こんなトンネル?をくぐり・・・ こんな景色を見ながら・・・ 仙娥滝に到着! 滝のしぶきが時々飛んできて、とっても気持ちいい! そして石段が横にあったので上がってみる。 すると上にはお土産屋さんや大きな水晶が祀られている昇玉堂がありました。 お店の裏に川がありその下が滝になっていました。 川の流れはそれほど激しくないけれど、流れ落ちる滝の流れはすごい迫力。 さて、また同じ道を歩いて戻りましょう・・・

続きを読む

昇仙峡散歩 その1

仙娥滝に向かって歩くと夢の松島 覚円峰の案内板 夢の松島はちょっとよくわからなかったけれど、風景はとても素晴らしい。 遊歩道をテクテク歩くと長田右衛門の碑がありました 長田右衛門という人物はかつて昇仙峡一帯の村落の人々は薪炭を背負い1日がかりで甲府城下との道を往復したという。 その昇仙峡に9年もの歳月をかけ新道を拓いた 彼は一介のお百姓であったにもかかわらず、工事のために周辺の村の名主を説得し人足を出してもらったり、天保の大飢饉などで工事中断の危機が訪れた際は30もの村々に呼びかけ寄付金を募ったりと、この工事に尽力した。また新道開通後は接待亭を作り湯茶を出したり、わらじを売って通行人の便宜を図った。現在円右衛門の碑が立っているのはかつて接待亭があった (昇仙峡ガイドマップより) そして石門 巨大な花崗岩に囲まれた石門は先端がわずかに離れているそうですが、ここを通った時にはそれを知らなかったので確かめなかった! しかしすごい大きな石ですね! 水の流れがとっても綺麗で冷たそう~~。 水の中にはさすがにはいれないけれど、入ったら気持ちいいだろうな~~。

続きを読む