ご近所散歩 須和田公園

まずはご近所から散歩。 須和田公園へ。 バラの花壇でまだ黄色い伊豆の踊子が頑張って咲いていたのに驚きです。 白いアイスバーグもいくつか残っていましたが、花びらが傷んでいるものばかりで、これだけきれいに咲いているものはありませんでした。 他には梅の木 紅梅・白梅が見られました。 白梅の木はとても大きくて手が届かない ロウバイもありましたが、もう盛りが過ぎたのか、葉っぱも枯れていました。 まだけなげに頑張る伊豆の踊子と梅やロウバイ、早春のお花たちに出会えました。

続きを読む

安世院の小さな花たち2&中山法華経寺参道

安世院のお花の続きです。 かわいい白い実 これは何の実でしょうね。 スノードロップ ビオラのおじさんも登場です。 前回安世院に出かけたとき花壇の真ん中が工事中とブログに書きました。 今回それが完成されていました。 たまたまそのあたりで作業されている方がいたのでお話を伺うと納骨堂ということでした。 その人のお話だと今はお墓を持たない人や、墓じまいをされる人がいてそういう人たちのためのものらしいです。 少しその方とお花の話などして安世院から中山法華経寺へ。 法華経寺の祖師堂は今大規模修繕で囲いで覆われています。 お参りの後、法華経寺の境内を少し歩いて水仙を見つけました。 法華経寺前の参道 モノクロにしてみました。 皆さんにご心配おかけしました。いろいろお気遣いありがとうございました。 足首も痛みが少しずつ取れてきました。 おかげさまで通勤はともかく、散歩はボチボチ再開していこうと思っています。

続きを読む

安世院の小さな花たち1

ぼちぼち出かけて安世院へ。 いつもならほかの場所にも出かけたりしますが、まだあまり歩きまわらずに。 久しぶりの安世院です。 お花は少なめでしたが、水仙や千両などの赤い実が迎えてくれました。 カラフルな葉っぱ 原種系水仙・雪姫 葉牡丹の葉っぱの間に丸い雫発見

続きを読む

京都旅行 お蔵入り写真その4

京都旅行最終日も朝から元気に観光していました。 初めて出かけた金福寺 紅葉の美しさにびっくりしました。 ドウダンツツジが鮮やかな赤色に紅葉していました。 圓光寺 敷モミジや竹林の庭園でたくさん写真を撮りました。 石灯篭の丸窓にスマホを当てている人がいました。 何しているのだろうと真似してみました。 京都の秋はやっぱり素敵でした。 また今年も行きたいですね。

続きを読む

京都旅行 お蔵入り写真その3

京都もたくさんのお蔵入り写真がありました。 東寺のライトアップはとても素晴らしかったです。また出来れば見に行きたい。 翌日から京都の紅葉を楽しみました。 源光庵 大徳寺の竹林 大徳寺の門前でお昼ご飯 湯葉やお豆腐が乗っていたうどん 冷えた体が温まりました。 円山公園のモミジがとても美しい 瑠璃光院の床モミジならぬテーブルモミジもたくさん撮ってきました。 夕食は河原町まで戻ってきて洋食屋さんで。 3年前の旅行で選んだお店で街の洋食屋さんという感じのレストラン。 とても人気で行った時も満席でした。 私が選んだのはカキフライ&ハンバーグ定食。 大きなカキフライとハンバーグがお皿に。 おなかいっぱい。おいしかった! 河原町を歩いていると、素敵な町家。 ついのぞきたくなります。

続きを読む

奈良・京都旅行 お蔵入り写真その2

奈良のお蔵入り写真 その2 興福寺・春日大社・東大寺 奈良も1日だけでは足らないくらい見るべきところがたくさんありました。 春日大社 春日大社に生えていた小さな木。これも数百年かけて大木になるのかな 東大寺 大仏殿江戸期再建時模型

続きを読む

お蔵入り写真 奈良の鹿

12月1日から3日まで旅行した奈良・京都 ここでもたくさん写真を撮っていたのでお蔵入り写真がいっぱい。 奈良公園にいた鹿さんたちが登場です。 なんだかあっちが気になる・・・・ 鹿せんべいくれ!と見つめられちゃいました。 奈良公園の鹿さんたちはいろんな場所に出没。 特に東大寺の参道のお土産屋さんのところにたくさんいました。 人がたくさんいるところには、鹿せんべいをもらえる確率が高いときっと学習しているのでしょうね。

続きを読む

大きくなったアボカドちゃん

我が家のアボカドちゃん、覚えていらっしゃるでしょうか? 芽が出たころのひょろひょろしたアボカド。 当時の記事はコチラ。 ↓ https://karukitisanpo.seesaa.net/article/202109article_5.html アボカド1号 大きくなってテレビ台に乗っているテレビよりも高くなりました。 今130cmくらい。 幹?は細いけれど、葉っぱがたくさんつきました。 下の方が茶けてきていますが アボカド2号 2号は水耕栽培にして何か月か芽が出なくて、諦めようかと思っていたら、春頃になったら芽が出てぐんぐん大きくなりました。 今は50cmくらいに大きくなりました。 実がなるのか、わかりませんが観葉植物として室内で育てています。 夫が飲んだ缶ビールの空き缶に水を入れて、それをアボカドに。 夫曰く「ビール酵母をあげているから大きくなった」と言っていますが・・・ まあ、そう言うことにしておきましょう。 昨日、病院で診察してもらいました。 足首は腫れているけれど、骨には異状ないとのことでした。 まだあまり歩かない方がいいということです。 実際歩くと痛みが出るのでもう少し散歩はお預けになります。 またしばしお蔵入り写真を登場させることになりますが、よろしくお願いします。

続きを読む

横浜山手西洋館のお蔵入り写真2

お蔵入り写真その2 エリスマン邸 山手234番館 横浜市イギリス館 横浜山手西洋館のクリスマス、たくさん写真を撮ってきて紹介しきれなかったので再びアップしてみました。

続きを読む

横浜西洋館のお蔵入り写真

横浜山手西洋館のクリスマスで撮影した写真のお蔵入り写真。 ちょっと品出し ブラフ18番館 ブラフ18番館の庭にあるミニチュアハウス 外交官の家 ベーリック・ホール

続きを読む

飛行機 アゲイン

お正月過ぎから左足首に異変。 歩くと痛みが出て、結構辛い。 連休もずっと家でおとなしくしていたため、写真を撮りに行けなくて。 ストックから。 大きく撮れていなかったのでアップしませんでしたが、引っ張り出して。 枝被りで分かりにくいのですが、成田空港へ向かう電車が下を走るので電車も撮れればと見られる場所でスタンバイしていました。でもそういうときにはなかなかやって来ない。 諦めて移動したら電車が! 慌てて撮ったら枝被りです。

続きを読む

東京散歩 有楽町~丸の内

浜離宮恩賜庭園を出て新橋のガード下、コリドー街を見ながら歩く。 お酒は飲めないけれど、お店の雰囲気はいいですね。 丸の内の仲通はライトアップが始まりました。

続きを読む

浜離宮恩賜庭園2

遠くから見ても撮れるようにと今回はズームレンズ持参。 実演の目玉、離れたビルの屋上から鷹を放ち、会場である浜離宮恩賜庭園にいる鷹匠のもとに呼び戻すというイベントが行われました。 ビルの上に人がいました。 こちらの鷹匠が合図を振ると鷹が空を舞いました。 初めは鷹がどこにいるかわかったのですが、あっという間のスピードに見失い・・・ 気が付いたら鷹匠の元に戻ってきました。 結構この実演は難しくて、このあたりを縄張りにしているカラスが騒ぎ出し、鷹を追いかけ戻ってこないというハプニングも数年ありました。 (それでも何とか鷹匠のもとに戻ってきているらしいです) そんな実演の後に飛流しという生きたハトを使った実演がありました。 この実演がいちばん私が見ていた場所から鷹が近くにいました。 とてもかっこいい。 思わず激写 鷹匠も若い女性のようでした。 この後放鳥器からハトが飛び出すとともに鷹が飛び出しハトを捕まえました。 そのシーンも速過ぎて撮れない。 最後に鷹匠たちのあいさつと、会場を周って写真撮影してくれました。 実演を見ていた時、向こうの方にピンクの木があってそれが気になり、後にそちらへ。 もう紅梅が咲いていました。 浜離宮の入園出入り口に春の七草も飾られていました 新春らしい催しを見られて良かったです。

続きを読む

一富士二鷹 浜離宮恩賜庭園1

3日に浜離宮恩賜庭園に。 コロナ禍3年ぶりに行われた諏訪流放鷹術を見てきました。 私としては何年かずっと見に行っていなかったので実に久しぶりの行事でした。 1月2・3日の午前と午後の2回、計4回行われていましたが、私は3日の午後、最後の放鷹術を見ました。 実演の前にあいさつなどがあり、いよいよ実演 まずは据え回し 鷹を拳に安定した姿勢で乗せることを据えるといい、鷹を据えて歩き、様々な環境に馴らすことを据え回しと言います。 鷹匠が鷹を据えてしばし私たちの前を何周か周ってくれました。 時々羽を広げたり、くるくる回したりしながら歩いています。 いよいよ鷹が飛びました。 振替 鷹匠の拳から別の鷹匠の拳に鷹を飛び移らせることを言います 飛ぶ鷹の姿を捉えるのは難しくて、結構あてずっぽうでシャッターを切りました。 渡り 樹上にいる鷹を鷹匠の拳に呼び戻すことを言います。 会場内から3人選んで鷹匠体験も行われました。 説明文は実演会場で配られたチラシからアップしました。

続きを読む